環境

2015年9月12日 (土)

自然の脅威

線状降水帯?

初めて聞いた。

このような水害は初めてだ。

昨年の広島の集中豪雨による甚大な災害

その前の台風時の大島の被害

私達はこうした体験をしたはず

しかし

いまだかつてない自然の脅威が

襲いかかってきた。

6日の日曜日、私は多摩川に行った。

きれいに澄み切り

浅瀬が続いていた。

大人の膝下という水深。

Dscn0279

この風景が一変した。

残念!フェイスブックにはアップした写真を

縮専しなかった・・・

再度トライしても出来ない?

濁流の多摩川の写真はフェイスブックで

ご覧下さい。

私は多摩川の上流で放流されたという情報を聞き

多摩川の水流・水量がどのように変わっているのか

視察した。

拝島橋から・・

やはり濁流、かなり水量も増えている。

ゴウゴウと音がする。

ブルーシートの住人は大丈夫だったのだろうか

それが気になった。

ヘリが上空をホバリングしていたと

あとで聞いた。

キット大丈夫だったかと思う。

しかし

この放流についての情報伝達?

どうなっているのだろう?

私が住んでいた田舎では

ダムの水を放流する場合には

サイレンが流された。

また川岸には

「サイレンが鳴ったら

急に水かさが増えます

注意してください」とか

標識も立っていた。

1級河川である多摩川

管轄は国土交通省か・・・

広域避難所がくじら運動公園等に指定されている。

河川敷です。

あり得ないと思うのですが。

そして今朝方は地震で揺り起こされた。

火山列島の日本で

原発など立地条件はない。

地震も津波も火山の噴火も台風も

豪雪も猛暑も干ばつも、竜巻も

冷夏も豪雨も自然相手です。

自然の驚異には逆らえません。

人類の英知で

自然を守る対策を講じなければ・・・。

2014年11月11日 (火)

固定種野菜

女性農業委員・女性職員現地研究会に参加しました。

東京都農業会議主催です。

住民参加で地域の魅力を発信する飯能市のエコツーリズム

についてまず、飯能市役所でお話を聞きました。

Dscn6424

この取り組みによって

新たな環境教育の場となり

環境保全の意識が高まることも

副産物としてもたらされています。

私は

環境教育には非常に関心があります。

単純な体験遠足だけでなく

出来れば継続的な教育が出来れば

もっと効果的だろうな・・・と感じました。

環境保全と環境意識の醸成も目的とされています。

課題もたくさんある中で、

人材育成も行いながら

住民参加型の取り組みを推進しています。

まあ、観光客を招く効果もあるのかな。

農八会という有志の会があります。

エコツーリズムの開催の一つとして

取り組んでいます。

農八会は、飯能市で農を盛り上げるために

活動する有志の団体です。

遊休地となっていた農地を借りて

開墾、農地再生作業から

会の活動が始まったと言います。

20~30代のメンバーが集まっています。

そして、「固定種野菜」つくりに取り組んでいます。

実際に畑に行きました。

Dscn6426

交雑させない配慮も必要です。

Dscn6431

種の取り方の実演です。

ちょっと見にくいか・・・ミニトマトだから小さい!

Dscn6432

小さいからピンセットなどで種を出していきます。

これをどのように処理するのか聞きました。

結構手間がかかっています。

Dscn6433

こちらはズッキーニ、品種も様々です。

9月頃に収穫し、熟成させていたものです。

Dscn6435

包丁で半分に切って種を取り出しました。

Dscn6437

カブですが、現在流通しているF1と言う種から採れた

カブと固定種から栽培したカブの試食をしました。

流通しているF1が多すぎて

国民はF1の味に慣らされています。

F1の栽培は一定の大きさや見栄えがあります

固定種でさらに無農薬を高めれば

葉っぱも虫食いが多くなります。

虫さんも喜んで安全に食べられるというお墨付きなのですが・・・

なぜかあまり市場には出回りません。

見栄えが悪いからか?

Dscn6427

稲も固定種です。

Dscn6438

実際に一房一房に重量的にも違いがありました。

この種に関心を持って係わっている方は

種苗研究所スタッフで

種苗店で働いているのですが

このエコツアーはボランティアです。

食文化の根源である「遺伝子」の種

この種に関心を持って種屋で働いているそうです。

食育の観点で係わっている保育士さんもいます。

食の安全、そして食育、種を守っていく

地味な取り組みの連続が

日本野菜の伝統を守っているのでしょう。

そういった若いエネルギーが活躍できていると言うことに

感動も覚えました。

「江戸東京野菜」

地域固有の種で育まれている野菜があります。

最近、「拝島ネギ」が

江戸東京野菜に認定されました。

「拝島ネギ」これは我が昭島市のブランド野菜です。





カブも


















2014年4月13日 (日)

多摩川クリーン作戦

たぶん、もう30回以上は行われている

多摩川クリーン作戦

今年は早い時期に行われました。

今頃の季節は

ウグイスもさえずり始め

木々も萌え始め

所々に桜も残り

ユキヤナギも咲き誇りなかなか素敵な風情です。

Dscn3632

朝8時半

開会の挨拶

昭島市域の多摩川を

東部・中部・西部にわけて全市的に

取り組まれています。

Dscn3633

挨拶と注意事項の説明が終わると

一斉に河川敷へ

大人も子どもも

スポーツ団体も、老人会も

自治会も

個人でも参加しています。

自治会の人と一緒にゴミを拾いながら

春の散策です。

実際に春の収穫中の方もいました。

Dscn3634

このクリーン作戦が始まった当初は

粗大ゴミや

不法投棄も多かったと聞いていますが

現在は大型のゴミは少なくなっています。

それでも紙くずやたばこの吸い殻など

多くのゴミが拾われました。

2012年11月 5日 (月)

カリンの収穫

我が町の街路樹

いろいろあるが

市役所近辺はカリン街道

Dscf0567

かなり熟してきました。

枝もたわわです。

Dscf0571

すごいでしょう。

今朝ラジオを聞いていたら

カリンの収穫の話をしていた

そして

カリンの収穫が少ないとも・・・・

我が市のカリンは台風で落下し

上手に摘果され?

大きなものは大きく実りました。

Dscf0572

今日は担当職員が

収穫作業

Dscf0574

脚立にのぼり

手でもぎ取ります。

そして袋詰め・・・・

Dscf0573 

手作業で大変です。

Dscf0580

カリンの実った色

Dscf0578

カリン落下に注意の張り紙

だって歩道に大きな実をたわわにさせて

落ちてくる可能性は大きいのだ。

Dscf0576

収穫したカリンは車に乗せられ

市役所へ

その後

小さな袋に分けられ

市民に無料配布されます。

広報でお知らせされていますが

無料配布日は9日の金曜日です。

玄関に一個いかがでしょう

芳香剤となりますよ。

職員のみなさん、ご苦労様でした。!

しかし

カリン街道って珍しいのではないでしょうか?

2012年8月10日 (金)

多摩川の水質

本日の読売新聞に

多摩川の水質について

記述があった。

「美しい多摩川フォーラム」が

多摩川で一斉に水質調査を行った。

5年間のデーターの蓄積がある。

民間団体である。

水質は化学的酸素要求量  

いわゆるCODの値で結果を出している。

奥多摩などの上流では

良好な数値が示されているという。

イワナなどが生育できる水環境だ。

しかし

中流域の昭島や立川では

「やや汚れている」と言う結果が出たという。

過去には(ずいぶん過去だが)

伝染病などが水を通して

蔓延した時代もある。

しかし

下水道が整備され

水再生センターが機能して

皮へ放流される水の

水質は改善されていると言うが

じゃあ

どうして

中流域は「やや汚れている」?

まあ

中流域は

水再生センターより下流となるわけだが・・・・

身近な河川の水質を調査する市民団体が

増えているという。

とにかく大切な視点だ。

環境保全のために

今後どう対策するのか・・・

行政の取り組みだけでは

追いつかないが、

市民への啓蒙はどうするか?

それは行政の役割かも?

しかし

眠い!?

暑い夏だ!熱いかなあ?

毎夜熱戦が繰り広げられ

日本全土寝不足?

なでしこジャパン・・・オワッタね。

すごく良かった!!

さて男子はどうなるか。

今夜も目が離せないぞ。

それにしても

レスリングの

伊調や吉田

なんてすごいのだろう!

努力と根性と負けず嫌い

研究、学び・・・

3連覇というのは

やはり偉業だ!

困難なのは