教育

2017年3月11日 (土)

都政学習会

都政問題が沸騰しています。

築地市場の

豊洲移転・・・

なぜこのような事態が生じているのか

どうして今まで嘘の上塗り?が

され続けてきたのか?

Cimg7842

都政学習会に参加しました。

最初に衆院21区予定候補者の

佐藤あや子議員が挨拶。

Cimg7846

日本共産党都議団の

総力を会わせた

検証結果が

科学的知見に基づいた追及によって

公にされてきました。

Cimg7848

1990年代

築地市場の整備計画が

現市場で行う事が東京都の

基本方針であった。

ところが

2002年

時の石原都知事が

突然

豊洲移転を表明。

市場関係者や都民

そして日本共産党都議団は

豊洲の東京ガス工場跡地は

土壌汚染があり

食品を扱う場所としては

不適切と

ずっと反対をし、土壌汚染対策を追求してきた。

しかし

東京都も

都議会自民党も

豊洲移転を推進してきた。

土壌汚染対策はやっている

汚染土壌はとりはらい

新しい土を入れ

さらに盛り土を行い

水質に滲出した汚染水は

水質管理システムで

完全に安全対策が出来ると・・・

このことが昨年12月まで

東京都のホームページで

紹介され続けてきた

しかし

実際は土壌汚染対策は

実施されていなかった。

東京都はホームページから削除している。

質疑応答も

なかなか熱心に行われた。

食の安全

これが一番大切だ

むろんそこで働く従業員にとっても

環境汚染があってはたまったものではない。

土地購入の不可思議

土壌汚染対策を請け負ったゼネコン

その上に

建設を請け負ったゼネコン

さらに水質管理システムを請け負ったゼネコン

そして

汚染調査を行ってきたゼネコン・・・

さらには

この建設の下請けで

従業員の不払い問題まであったという。

東京都の闇は深い。

百条委員会の設置を

都議会自民党も

認めざるを得なくなった。

徹底究明と

さらなる善後策が喫緊の課題。

日本共産党都議団の

たゆまない努力が

こうした原因究明に大きな役割を果たしている。

闇を暴く

闇は暴かれる。

不正はやってはならない。

都民のいのち、安心、安全な

くらしのためにこれからも全力投入。





2016年3月13日 (日)

道徳公開授業

田中小学校の

公開授業に参加

「道徳」です。

Cimg1663

あ、この張り紙は

給食の残食を示しています。

平成26年4月から9月までは

1535キログラム

それが一年経過すると

980キログラムに

キログラムがわかりにくいからと

おにぎりにして何個かと表示しています。

Cimg1665

学校の階段は

京都カルタがずっと貼ってありました。

「道徳」はクラス毎にテーマが異なっていました。

中学では

学年毎にテーマが決まっていましたが・・・

ある文章を読んで

先生が質問し

グループで討議し

発表して

先生がまとめる・・・

小学校の先生はとても緊張されていました。

それにしても

小学校の先生はおしゃれでした?

廊下に展示されていた習字や

図書の紹介など(子ども達がみなさんにおすすめの本の紹介をしていた)

子ども達の感性が輝いていました。


2016年2月 3日 (水)

食育?学校給食試食会

地域の

市立田中小学校の給食試食会に

参加しました。

自校方式です。

我が市の小学校は現在14校

そのうち自校方式は6校です。

田中小学校では

どこかの学年が校外授業等の時に

試食会が行われます。

PTA主催と、地区委員会(ウイズユース)主催があります。

本日は地区委員会主催。

むろん、参加者は給食費一食分払います。

市の補助金分を差し引き、253円・・・

Cimg1542

献立です。

 〇 梅ちり菜めし(御飯に梅とじゃことコマツナの刻みが入っている)

 〇 生揚げの味噌チーズ焼き

    すごく凝っています。

    生揚げに、タマネギ・キャベツ・ピーマン・人参の千切りを

    バターで炒め、白味噌・赤味噌・みりん・砂糖・醤油・塩・ごま

    などで味付けし、銀紙のカップに1人分ずつ入れて

    ピザチーズを上から掛けてオーブンで焼くのです

    和食だけど、子どもが大好きなチーズ焼き

    ボリュームもあります

    和食を子どもにどうしたら食べてもらえるか

    栄養士さんが様々考案しています。

 〇 ごま和え

    ほうれん草・人参・こんにゃく・切り干し大根・ホールコーンなどを

    ゆでたあとごま和えです。(ごまが、こおばしくおいしい)

 〇 芋の子汁

    里芋・ゴボウ・にんじん・コマツナ・豆腐・豚肉・シメジ

 〇 牛乳

どうです。すごい野菜の種類!

実は調理師さん泣かせのメニューとか

すべての野菜をひたすら小さく切るからです。

420食分。調理師4人・栄養士1人で作ります。

そして

このメニューで一食で摂れる栄養素

カルシウムは必要量の150%

鉄分は必要量の146%

食物繊維は120%

給食をしっかりと食べると

栄養も保たれます。(ただしあくまで1食です)

給食では一日に必要な栄養のおよそ1/3を

摂るようになっているのですが

自宅で摂りにくいカルシウムとB1B2も多く含まれるように

工夫しているそうです。

自校方式ですから

暖かいうちに配膳されます。

そして

検食は校長先生が早弁?

本日は副校長が早弁したそうです。

校長は6年生の校外学習に同行

(国会・裁判所・江戸博物館などに行っているとか)

こうした話を栄養士さんが話してくださいました。

質問で

食物残渣量について聞かれた方がいました。

食物残渣量・・・現在様々な問題があります。

田中小学校では

昨年4月から9月までのデーターでは

毎日、コンビニおにぎりにたとえると

150個分の残差があったそうです。

残さない工夫や努力もあって

100個に減り

現在は70個分まで減少させることが出来たそうです。

約8キログラム。多いけど420食で考えると

かなり減量に取り組んでいるのだと思います。

田中小学校には残渣処理機があり

最終的には肥料になるそうです。

また和食が世界遺産に登録されて

田中小学校でも

御飯の日を増やしています。

週3~4回だそうです。

また魚を使ったメニューも増やしているそうです。

我が国の各地域の伝統的な食文化について

理解を深めることも食育の目標です。

そういえば初午の時期の試食会で

初午にちなんだ行事食をいただいたこともありました。

フェイスブックに自校方式の給食試食について

アップしたところ

自校式がうらやましいと書き込みがありました。

大事にしなければなりませんね。

2015年11月22日 (日)

小学校の50周年記念式典

市立中神小学校の

50周年記念式典に参加しました。

Cimg0603


50年、感慨深い物があります。

卒業生の皆さんや

地域の皆さん、在校生や教職員の皆さんにとって

すばらしい思い出の日となったことでしょう。

私は、校長先生の祝辞に感動しました。

「平和」について語られたのです。

桜の木が古木となってお別れしたそうです。

その代わりに新しい桜を植樹されたそうです。

その桜は、「陽光」ヨウコウです。

太陽の光が輝く陽光

この桜を新しく品種開発した人は

「高岡正明」先生

彼は戦時中、軍国教育の青年学校の教師でした。

お国のためにと

教え子達を戦場に送り

何人も戦死したそうです。

戦後、教え子を戦争で失い、自分だけが生き残った

戦死した教え子達の鎮魂と

二度と再びあのような戦争に巻き込まれてはならないと

世界恒久平和への願いをたくして

さくらの品種開発に専念したそうです。

30年・・・30年掛けて開発したのが

「陽光」

ソメイヨシノより開花が早く

色も濃く鮮やかな、濃紅紫色の花びらで

病気にも強く、どんな土壌でも生き延びる品種

こうした話をされ中神小学校の校歌に

「四つ葉のクローバーは平和の使い・・・」と言う歌詞があります。

この歌詞にちなんで、陽光と縁があったと話されました。

平和を願う校歌に

平和を願う桜

この願いを受け継いで欲しい・・・

と言うような話だったと思います。

実は、なんと

11月21日から全国ロードショウ「陽光桜」が上映されています!

11月21日が周年記念行事で

「陽光」のお話があって、その同じ日から

戦後70年の平和を考える映画上映です。

なんだかすごい!

戦後70年の節目の年の

節目の行事に

平和の尊さをつないで欲しいという

校長先生のメッセージかなと思いました。

中神小学校の校庭には

四つ葉のクローバーがたくさんあるそうです。

過去には

校庭に小川もあって

その周りには四つ葉のクローバーが

たくさん生えていたそうです。

ちなみに高岡正明先生は

2001年92歳で永眠されています。

この映画のお話は校長からはありませんでしたが

ご存じでしょうか?

さて

もう一つ感動しました。

それは

5.6年生の歌声のすばらしさと

合奏のすばらしさです。

吹奏楽です。

レベルが違う!中学生顔負け?と思うほどの力量でした。

Cimg0604

また5.6年生だけでなく

中神っこウインズと言う吹奏楽クラブがあります。

小学校3年生から

メンバーがいるようですが

その子達の演奏もすばらしい

またパフォーマンスのダンスもすばらしかった!

いや~!本当に感動!

私も吹奏楽を中学・高校とやっていたので

思い入れが違うのです。

アンコール!したいほどでした。

夜は

会場を移して

祝賀会に参加しました。

ホテルも

Cimg0620

イルミネーションが素敵

Cimg0622

そしてこちらでも、セミプロ?

Cimg0621

市内の楽団だそうですが・・・

華やいだ会場となりました。

Cimg0624

鏡開きまで行われ

とってもおいしそうなお酒の香りだけいただきました。

そうです。

土曜日や日曜日は

いろいろと予定があり

お酒も飲めませんでした。・・・・

今日はいい日です。

皆さん小春日和と話されましたが

まさに小春日和、心もからだも

暖まる様な思いで会場をあとにしました。

(後ろ髪を引かれながら・・・?)













2015年8月31日 (月)

教科書採択

8月20日午後5時半

市役所の市民ホールは熱気が漂っていた。

傍聴席は約70席

殆ど埋まっていました。

傍聴者には

教科書研究委員会の検討資料が要返却で

渡されている。

教科書会社の人と思われる人たちが

ずいぶん早くから会場に入り

その内容を、まあ~すごい

せっせと写し取っていました。

教科書研究会の資料作成委員の委員長は

市内中学校の校長や副校長

それぞれ教科ごとに

各教科書の検討結果を報告

報告が終わると

教育委員の方々がその報告に対して

質問をします。

たとえば、古典

教育委員が

「どのような学習をしていくと生徒の発達に

効果的なのか?」

報告する校長は

「伝統的な古典に触れること

1年生の導入は、古文や漢文を

繰り返し音読しやすいもの

3年生にもなると

歴史的背景も把握できるような構成

なによりも読みやすいもの・・・」

などと的確に説明していく

時には教科書の大きささえ使いやすさという観点で

指摘される。

机のサイズよりはみ出すと使いにくい

「国語」の教科書と「書写」は

教科書会社はセットの方が良いのか

と教育委員が聞けば

「セットの必要はない。ばらばらでも構わない」

さて、一番の関心は

なんと言っても「歴史」と「公民」だ

報告する担当校長も慎重な発言だ

読みやすさ、構成の良さなども

報告された。

and教育委員から

「歴史教科書で配慮することは?」と質問

担当校長は

「広い視野に立つこと・・・補助資料の活用も重要・・」と答えた

「歴史」と「公民」の教科書に関しては

教育委員の発言も慎重だ。

「公民」では

社会との関わりや、個人と社会のかかわりについての

質問もあった。

さらには各社の言語活動にかんしてどのように進めているのか

等の質問も。

「説明や発表というグループ討議

話し合いやまとめについて、各社とも違いがある。」

数学や理科は教える順番で

生徒の理解力が違ってくると言う視点で

教科書会社による違いも報告された。

文字式と素因数分解は学ぶ上でどのような配慮が学びやすいか

とても具体的な指摘もされている。

質問に対して

担当校長や副校長はよどみなく答えていく・・・

どの教科書についても手抜きがない

音楽・・・器楽もあるが、中学生が多く使う楽器は何か

それに基づく教科書は?とか

美術も、保健体育も技術も家庭も英語も

わかりやすさ、知識、技能の定着

学力の定着・・・

聞いていて本当に真剣に研究もされ

質問も行われている事が伝わりました。

一通り報告がおわると

パブリックコメントの意見も紹介された

特に

「現場の先生の意見を尊重して欲しい」という

意見が紹介されると

教育委員がすかさず

「その通りだと思う。実際に教える先生の意見を参考にして

採択したい」と述べる方も。

中学校だけでなく

特別支援学級出使う教科書についても

報告が行われました。

一通り教科書の研究報告が終わると

学校関係者は退席し

いよいよ教科書採択が始まります。

教科ごとに採択するための視点などが話され

無記名による投票です。

まず「国語」

「生徒への学習への工夫が出来ている教科書

生徒が学習しやすく先生が指導しやすいものを選びたい」

「継続性も考えていきたい」

「現場の先生方が指導しやすいといわれるもの」

結果

「光村図書出版」が5名全員一致

「書写」は全員一致「教育出版」

「地理」は帝国書院が4名、東京書籍が1名結果「帝国書籍」

「歴史」「考える力を重視したい」「これからの子ども達に大事である」

結果東京書籍3名、日本文教1名 帝国書院 1名で「東京書籍」

「公民」「社会との関わり、生徒が関心をもてるような教科書を」

「自分たちで考えられる、表現や話し合いが出来るような工夫」

結果 東京書籍3名 教育出版 2名、よって「東京書籍」

「地図」は「帝国書院」

「数学」は「生徒が自主的に反復練習が出来るもの」

「積み重ねが大事、つまずいたら、ふりかえりができるもの」

結果 「大日本図書」3名、東京書籍1名 啓林館1名よって「大日本図書」

「理科」「実験の手立てと安全への配慮のあるもの」

「日本には四季があるから、季節感に会うものがよい」

「観察。実験が重要。図や写真がクリアで内容の充実したもの」

結果「大日本図書」5名、全員一致。

音楽一般は「教育芸術社」全員一致

「器楽」も「教育芸術社」全員一致

「美術」は「日本文教出版」全員一致

「保健体育」「心と体の発達やストレスや今日的な情報が充実しているもの」と言うことで

「学研教育みらい」全員一致

技術は「東京書籍」全員一致

「家庭」は食育を取り上げているもの、ビジュアルな工夫と科学的な分析を

行っているもの。結果は「開隆堂出版」4名、教育出版、1名。結果「開隆堂出版」

「英語」は「学校図書」全員一致。

と言う結果でした。

私も傍聴して聞き取った内容です。若干ニュアンスが違うところがあるかも

ま、それはそれ。

言いたいのはいかに真剣に議論されたか

子どもにとって・・と言う視点

現場の先生の意見を尊重するという視点

教えやすさ、学びやすさ、

本当に研究結果の報告も

教育委員会での議論も真剣でした。

今回

育鵬社の教科書を採択する自治体がある中で

我が昭島市は良識的な採択が行われました。

この議論は丁寧で、真剣で、真摯な姿勢が反映されていました。

そして

校長先生も副校長も

教科書の内容も会社による違いも習熟していました。

現場の先生方は教科書ごとに研究チームを結成し

通常の指導や業務以外に大変なご苦労だったと思います。

しかし

やはり現場の教師が子どもにとって良いものをと言う願いが

ひしひしと伝わってきました。

教科書採択のあと、通常の教育委員会も続けられました。

夕方の5時半から9時頃まで

みなさま本当にお疲れ様でした。

私も久々に、教育現場の熱気を感じてうれしいひとときでした。

2015年3月30日 (月)

拝島第4小学校が廃校に・・・

2年かかって(短い!!)

廃校の準備が行われた拝島第4小学校

拝島第1小学校と統合するのです。

すでに

学校は春休み

4月から、拝島第1小学校へ子ども達が通学します。

この間

いろいろありました。

納得できない事柄も

両校への保護者に対する説明が

異なっていたことなども・・・

紆余曲折・・・まったく

子どもの事を考えずコストで進める統合移行

行財政改革の下で行われるのだ。

すでに春休み。

この学校のモニュメントが出来たが

何とも写真にも撮りにくいと

保護者の方から連絡をいただきました。

Dscn8082

学校の隅っこの角っこにありました。

Dscn8085

本当に角っこなのです。

裏面?どっちが表か?

裏面を写真に治められない。

Dscn8083

フェンスとモニュメントの隙間がないので

写真に撮ろうとすると

この程度にしかとれない,、アップになってしまうのです。

Dscn8084

緑の部分の下部にこのような文言が書かれているが・・

ちゃんととれない。

Dscn8086

全体を写真に撮る場合は

このような状態・・・

フェンスの外から撮ると

錆びた金網が気になる・・・

卒業式の時

お母さん方がこの前で写真を撮ろうとして

悲しくなったそうだ。

モニュメントの全体像がわかりにくいモニュメント・・・

保護者のため息が聞こえてきました。

Dscn8087

少し中に入ると

卒業記念樹などが植えてある場所がある。

Dscn8088

このような卒業の記念のものもある。

今後

これらはどのようにされるのだろう。

記念モニュメントも

外からは見えにくい場所です。

皆さんの思いが伝わってきました。
















2014年10月 4日 (土)

運動会から考えさせられた・・・。

ここ3週間ほど

中学校や小学校

そして保育園などの

運動会に行ってきました。

そこで

様々な会話や教育上の課題等を

お聞きしたり感じたりしました。

Dscn5823

中学生の準備運動の体操は

すばらしくきびきびしていた。

また教師がその範を示し

指先までぴーんと伸ばして見本を示して居た。

小学生はゆったりと・・・

Dscn5900

またラジオ体操ではなく

オリジナルな体操を行っている学校もある

中学の先生は

「ラジオ体操は体を動かす基本だから

教師も模範を示すように

きちっとやっている。

中学になって

ラジオ体操を知らない子どももいて

それが大変だ。」と話された。

そう言えば以前、小学校の教師から

ラジオ体操って今ははやらないの・・・と言うようなことを

聞いたことがあったっけ・・・

様々な考え方はあるが

まあ現場は大変だなあ~と。

教育的にはラジオ体操のように

統一的にきびきびと

ピシャッと決めたい部分もあると思うが

あの体操が生まれた経過を知る教師は

もっと柔軟にのびのびと体を動かせた方が良い・・・と

考える一面も分かる。

Dscn5828

応援の仕方も

学校ごとに工夫がある。

運動会の歌なども

なかなか学校ごとに特色があっていい。

Dscn5825

教師も統一的な服装だったり

Dscn5899

学校ごとに工夫がある。

Dscn5830

芝生が広く整備され

観戦する保護者が芝生の上でゆったりと過ごす所も

Dscn5837

校庭が狭い学校もあるが

競技は大変工夫を凝らしている。

Dscn5844

校舎のグリーンカーテンが見事な拝島第3小学校

グリーンの間にゴーヤがまだ顔をのぞかせていた。

Dscn5906

表現を発表する演技は、とてもかわいらしい。

そしてその前で教師が一緒に踊るが

教師の仕草もかわいい(ごめんなさい)

Dscn5909

地域の保育園の運動会に顔を出した

Dscn5910

かわいらしすぎ!

年長さんの立派なこと

びっくりします。

Dscn5917

小学校の運動会では万国旗がはためきますが

保育園ではなんとかわいい。

Dscn5911

一番小さなお友達は

お母さんと一緒でした。

園長先生が最後に保護者の方々に

お話しされていたことが心に残ります。

「今年はお土産も精一杯だしました。

今までより豪華?な商品もがんばって出しました。

来年から新しい制度が始まります。

これまでのように

このような運動会が出来るかどうか分かりません。・・・」

来年から始まる子ども子育て支援新制度

まだ仮単価だ

単価も決まっていない

認定こども園に移行するか

法人としてまだ見極めていない

しかし

あまりにも期間が短く

もう決断を迫られている。

運営費がどうなるのか

・・・・・

新しく始まる

子育て支援が現状の水準を維持できないのなら

新しい制度に移行する意味がない。

園長先生が「ちょっと長くなりましたが

たくさんの方に集まっていただいているので・・・」と

前置きをして話された内容は

現政権の矛盾を突きつけたように思います。

何よりも大切な子どもへの

支援の水準を下げてはならない。

これまでのように出来ない・・・と不安にさせるような制度とは

一体何なのか?

認可保育園であり続ける事が子どもにとって

現行水準を守れる保障になるのではないか

しかし

市としては児童福祉法に掲げられている

保育園の事業から

早く手を引きたいのだろうか

「いや

斡旋調整という重要な義務がある。」

いつだったか副市長が話していたが・・・。

あっせんであり調整だ。

さらに

障害児の受け入れに対して

事業所は「応諾義務」があると

で、市は今までよりさらに強い権限で

受諾させる・・・?

すべての子どもの教育・保育だから

事業所は応諾しなければならない

しかし

だからといって障害児に対しての

加配等の取り決めは条例上には書かれていない。

あくまで事業所の応諾義務

そして市のあっせん調整。

保育の質は高まらず量的な確保も困難なままだ。

質の保障がないのに、なぜ他の会派の人たちは

これでいいのだって、判断するのだろうか?

自分の子どもや孫が

保育士でなくてもいい事業者に預けるのだろうか

いや

いいという人は

自分には関係がないのだろう

経済的に恵まれ

小規模の保育事業に子どもを預けることなんて考えもしなく

幼稚園教育を選択するのだろう。

それで

すべての子どもの良質な教育・保育が

保障されるって言い切れるの?

何ともやりきれない思いを

運動会でさえ考えさせられた。





























2014年4月 9日 (水)

通学路の安全確認

さて4月7日は小学校新一年生の

入学式が行われました。

桜も満開で

どの子も

大きなランドセル背負って

希望にあふれる華やかな生き生きとした顔が

印象的です。

Dscn3541

第36回という学校と

第148回(138回だったか)?と言う学校に参加しました。

それぞれ歴史的な違いがありますが

子ども達はどの子も生き生きとしていました。

Dscn3544

そして

8日はいよいよランドセルをしょって登校です。

学区の変更により

4車線の都道を横断する子どもが増えてきました。

どうしているかと行ってみると

やはり保護者の方がしっかりとついていました。

Dscn3556

渡り方など

みんなで確認していました。そして

よく見たら

なんと校長先生も副校長先生もいました。

さすがです。

校長先生は転任したばかりなのに・・・

もう一カ所、旧奥多摩街道の都道を確認に行くと

そこでは

配送業者の方が3人立っていました。

横断中の旗を持って・・・。

Dscn3559

この配達業者は定期的に立っています。

なかなかです。

学校前では

10年くらい同じ人が

横断中の旗を持って立っています。

一人一人名前を呼んで

ハイタッチもして・・・

すごい方です。

通学路の安全確認・見守りは地域の方に

支えられています。

2013年11月 6日 (水)

昭島市小学校音楽会

市民会館にて市内小学校の音楽会が開催されました。

合唱と合奏の発表です。

合唱では心を通わせ、ハーモニーを奏でる

最初の全員合唱では、音楽の先生がステージの前で

Dscn1678

すばらしい歌声でリードしました。

どの学校もすばらしい合唱

子どもらしい伸びやかな歌声

合わせるすばらしさ

Dscn1685

私が一番心をうたれたのは、「折り鶴」という合唱

「生きていて良かった・・・広島から歩いて・・・

生きていて良かった・・・長崎のがれきの下から・・・」

合奏は、様々な楽器がそれぞれの役割を果たします。

打楽器がすばらしく活躍する曲もあります。

Dscn1683

市民会館は保護者で満席で、

どの子も輝いていました。




2013年9月28日 (土)

小学校の運動会たけなわ

ブログ

ちょっと一休みしていました。

あまりに多忙でした。

まだホットできないのですが・・・

FBで情報発信しています。

今日は市内の10校の小学校で運動会

私の地域では

4校

朝から自転車で巡りました。

途中学校教育部長にあうと

とにかく全部顔を出すと

一覧表を手に汗を拭いていました。

実はお昼過ぎ

自転車で汗をふきふき走っている部長を

見かけました。ご苦労様です。

Dscn0954

田中小学校の入場行進

Dscn0957

真っ青な空

まさに運動会日和

応援も力が入ります。

Dscn0958

田中小学校の先生のおそろいのポロシャツ

今年は新しくしたそうです。

もう少し文字を入れたかったが

そうすると高くなるので・・・と。

Dscn0961

さて

こちらは成隣小学校

紅組の応援団長の赤いはっぴ

なんと

昨夜校長先生が急遽手作りしたそうです。

今年還暦とおっしゃりながら。

皆さんで

運動会が終わったら還暦のお祝いに

そして記念にこのはっぴ、着てくださいなんて

言われていました。

先生のポロシャツは

Dscn0962

この若草色、もえぎ色かしら、昨年と同じです。

2年ぐらいは着なくっちゃと。

この小学校は今年140周年です。

Dscn0969

次は光華(こうか)小学校

このポロシャツ

よく見てください。

先生に断って後ろ姿を撮らせていただきました。

昭島くじらをもじったデザイン

そして

鯨の潮

よく見るとKOKAと

入っています。

図工の先生のデザインだそうです。

なかなか素敵です。

地域の方と

防災についてなぜか話が盛り上がりました。

この地域は

3ブロック合同の防災訓練を行います。

3ブロック16自治会・・・

なかなか大変です。

防災倉庫のはなし、スタンドパイプの話

防災会議で地域の要望をしっかりと出せるようにしないと

等と話されていました。

Dscn0970_2

こちらは拝島第3小学校

スタッフのポロシャツは先生です。

こちらも今年新調したそうです。

校長先生曰く

このポロシャツ、今日初お目見えなのに

いなげやだと言われたとか・・・

ふむ!?

グリーンにイエローか・・・

子どもたちはどこも元気いっぱい

かけっこも

様々な競技も

精一杯行っていました。

たなかでは

昨年車いすで参加した彼が

今回は両側エルボークラッチで

一生懸命動いていました。

身長も伸び

元気いっぱい走る様子は

感慨深いモノでした。

成隣小学校は校庭も狭いのですが

その中で工夫した、また家族も一体となった様子が

とてもほほえましい

光華小学校は

「勇気と絆が勝利を導くとスローガン

拝島第3小学校は

「あきらめず協力して仲間とともに目指せ優勝」

と言うスローガン

みんな笑顔がはじけていました。

田中小学校で新宿の学校に移動となった先生

新宿っこは、軟弱などとおっしゃっていました。

都会のこどもは自由に遊べない・・・?

あきしまっこは

自然の中でおおらかで素直だとも

様々な方とお話も聞き

子どもの様子も垣間見て

将来を担う子どもの

育ちの環境を考えました。