« 道徳の教科書 | トップページ | 5月25日、立川に小池晃議員の街頭演説 »

2017年6月 5日 (月)

豊洲新市場への移転はきっぱり中止へ

いろいろな場所で

地域で、駅頭で訴え続けます。

築地市場の

豊洲移転は中止を!

Cimg0138

地域でも後援会の方々と歩きます。

Cimg0146

私達は聞き取り調査を行っています。

築地だ、豊洲だと言っても

昭島市民にとって

なんだか遠いところの話のようで

ぴんとこない・・・

しかし

スーパーではイオンは7割

エコスも7~8割

マルフジは小田原魚市場や

川越水産市場・太田市場も使うと言われたが

川越水産市場の本社は

築地にあり

築地から川越に運ばれている。

オーケーは築地から

イトーヨーカドー昭島店では

本社が集約して仕入れているが

築地も使う

イトーヨーカドーの中に店舗として出店している

共立食品さん(干物などを扱っている)は

店長が築地まで行って注文してくる

同じくちよだ寿司さんも毎日築地から仕入れている

スーパー魚力はもちろん

毎日築地から直送。

冷凍物は築地でないものもあると話されたが。

魚力さんは寿司店も同じ。

魚屋さんのマルヨシさんも近所のお寿司屋さんと一緒に

築地まで行っている。

朝6時の市場の開場時間に併せて行っている。

しっかりと目利きをして注文してくる。

オーケーさんも

全部ではないが築地を利用している。

市内の寿司屋さんは

殆どが築地で鮮魚を購入している

週に2~3回築地に行くという店主さんもいた。

市内の10店舗ほどの業者が

築地の保管場所から(茶番というらしい)

トラックに積み込んでもらい、運転主も契約している。

築地を遅くとも8時半には出て

国立・立川・昭島・福生と

荷物を下ろしていく。

遅くとも10時とか10時半とかには店舗に到着する

こうしたシステムを

長年作ってきた

もちろん店舗によって

荷の多少があるから

その量によって運転主に支払う代金も違うが

荷が無くっても

ずっと契約しているので

料金を支払っている。

長年の信頼と安全を買ってきた

自分で見に行けないときには

電話でも注文するが

信頼関係が出来ているので

ソンはしない。ちゃんと目にかなったものを仕入れることが出来ている。

自然館さんは

静岡の焼津漁港・小川漁港・相良漁港・御前崎漁港などから

朝、定置網で捕れた魚を産地直送している。

むろん築地も使う、築地は品揃いが多いので、

ただ漁港からの直送は新鮮さがある。

おそば屋さんなどでも聞きました。

天ぷらのエビなどはどこで仕入れるの?

「三多摩市場のエビ専門店も使う」と話されました。

三多摩市場のエビ専門店や

マグロ専門店は

毎日築地から仕入れています。

三多摩市場でも

八王子の総合卸売市場にも出店しているお店は

やはり築地でセリにも参加し

マグロを競り落とすそうだ。

築地で足が棒になるまで歩き回るとも。

市内のお寿司屋さんで聞くと

三多摩市場では

そこにある物の中でしか選べないから

やはり築地に行くと話された。選択肢が多いから選べる

同じものでもお店によって違うから

いいと思ったものを選んで値切って買うのだと。

長年のよしみで

鮮魚だけでは無く

乾物やお茶、のり・ときには野菜やフルーツさえ買うこともある。

「豊洲市場なんかどうして作ったんだ?

埠頭だよ。交通の便が悪すぎる。

豊洲に行ったら荷が届くのが

午後の2時とか3時になってしまう

商売あがったりだよ。

市場は交通の利便性が無ければならない」

銀座で小料理屋や

寿司屋をしているところの女将さん達

毎日自転車で買い物に行くんだよ

必要なものを必要量買うために

しかし豊洲に行ったら

自転車漕ぐのも大変だよ。海風もある。

我々だって

ゆりかもめにのって揺られて、豊洲に行くことになる

トラックだって必ず市場に出入りするトラックは

渋滞する。バックさえ出来なくなるよ」

豊洲は困るという店主のお話は

やはり実際に使っている人出は分からないことなども

話され

商売人としての

築地ブランドの確かな安心と安全

長年の信用を買っていると言う話は本当によく分かりました。

市内のお店で聞き取りを行って

遠いところの話では無く

毎日の食の安全と密接だと言うことも

よく分かりました。

築地での再整備こそ未来が開ける。

豊洲での土壌汚染対策は出来きらないことも明確となっています。

この先

何十年と使われる市場

何が大切かと言えば

都民のイヤ国民の食の安全だけで無く

働く人の健康問題にもなるのです。

築地の仲卸業の皆さんの7~8割の方が

築地での再整備を求めています。

都民の、そして国民のさらには世界的ブランドとなっている築地の

再整備にこそ未来が開かれます。

豊洲移転はきっぱりと中止を求めているのは

日本共産党だけです。

態度を明確にせず

都民ファーストといいながら

都知事ファーストになっては

議会のチエック機能が果たせません。

わたくしは長年医療に携わったものとして

やはり土壌汚染、それもベンゼンやシアン化合物やフッ素などが

環境基準の100倍もの値が検出され続けている事実にこそ

しっかりと目を向けなければならないと思います。

揮発する発がん性物質である有害物質なのです。

皮膚や鼻や口から

容易に吸収され脂肪組織に蓄積され

解毒も分解もできない

骨髄細胞を破壊し

免疫系に障害を引き起こす・・・

だからこそ

環境基本法や

労働安全衛生法

土壌汚染対策法

水質汚濁防止法

大気汚染防止法

廃棄物処理法

消防法・・・など数多くの法律によって

厳しく基準が示されている

それらはとりもなおさず

働く人の健康を守るという、人命を守るという

観点からなのだと言うことを

言いたい。

この問題はそれこそ

都政の闇です

利権がらみで

開発ありきで進められてきた

自民党公明党の責任は重大だと思います。

« 道徳の教科書 | トップページ | 5月25日、立川に小池晃議員の街頭演説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/70767293

この記事へのトラックバック一覧です: 豊洲新市場への移転はきっぱり中止へ:

« 道徳の教科書 | トップページ | 5月25日、立川に小池晃議員の街頭演説 »