« 若者の都政学習会 | トップページ | 橫田基地では・・・ »

2017年5月 5日 (金)

4.17 国際フォーラムは人・人・人

日本共産党の演説会が

4月17日

国際フォーラムにて開催されました。

Cimg8928

司会は山添拓参議院議員と吉良よしこ同議員

Cimg8938

開会の前には

オープニングセレモニー

私の大好きな和太鼓演奏

Cimg8930

いつでもどこでも

和太鼓の演奏には胸が躍ります。

Cimg8933

会場にも熱気が伝わります。

Cimg8939

さて衆院議員の紹介

むろん予定候補者も紹介されました。

その後は

迫る都議会議員選挙の候補者が勢揃い

Cimg8942

次々と紹介されました。

Cimg8944

まだ決まっていない地域もありますが・・・

Cimg8945

町田市から現職市議が都議への候補者として

決意の挨拶

{政治が動けば守れる命が増える}

三多摩格差の問題も深刻です。

三多摩の小児医療を激減させてきた東京都の功罪は大きい

Cimg8948

町田では今までに日本共産党の都議はいない

今度こそ町田からも都議を!

三多摩格差の解消にもぜひと訴えました。

Cimg8949

大山現職都議幹事長

日本共産党が躍進させていただいてから

都議団が

果たしてきた役割、積み上げてきた実績をのべました。

認可保育園の増設のために

土地活用チームを作り

使われていない都有地を発掘し

都有地の活用を促し

公約超過達成しています。

しかしまだまだ不足

豊洲問題は18年間

日本共産党都議団が調査してきている

いかに土壌汚染対策が実施されていないか

もはやきっぱり中止へ。

都民要求に応える都政実現のために

日本共産党の議席をなんとしても増やして欲しいと。

Cimg8950

次にスピーチされたのは、

中澤まこと氏

築地市場労組執行委員長

現場で働く人々の声を代表した発言でした。

自民党が

築地市場のネガティブキャンペーンを実施し

これによって築地市場の現場がまとまったと

築地ブランドを壊されてたまるか

と言うような思いを語りました。

築地での再生しかない

東京だけの問題ではない

全国民の問題だ

築地で仲卸が目利きをして適正な価格をつける

この目利きの役割

これこそ仲卸市場の役割だ・・・・

なかなか歯切れ良く現場の声が語られました。

Cimg8953

次のスピーチは

なんとなんと

二見のぶあき氏、元公明党副委員長ですよ。

「今までの都議選とは歴史的意義が違う

その鍵は共産党にある」

まあ、現政権の批判が続きました。

「今の首相は保守ではない。

本当の保守は憲法を守り人権を守る。安倍はひどい」

さらに共謀罪にも話が及び

「共謀罪を使わせないのが民主主義だ、

しかし権力で安倍は使う

憲法を守って平和な国にするか否か

その要が共産党だ」

などなど安倍政権に対する批判と

共産党への期待が語られました。

「本当の都民ファーストは共産党です」と力強い激励も。

Cimg8957

最後に志位和夫委員長の演説です。

まずは世界情勢

国際法違反のトランプ米国大統領のシリア攻撃に抗議

米国は軍事的選択肢をとるべきではない

経済的制裁や外交的選択肢こそとるべき

軍事対軍事のエスカレーションを避けるべきである

しかし安倍首相はすぐにこのトランプ大統領に支持を表明した

その根拠は何かと問うても答えられない。

安倍首相はトランプ大統領を力強い発言と支持したが

安倍首相が止めなくてはダメでしょう・・・

そして

安保法制いわゆる戦争法の暴走に歯止めがきかない状況

共謀罪で刑法の原則を覆す

思想や内心の自由を処罰してはならない

憲法19条に違反する

さらに監視社会を作る事になる

テロ対策というのはウソだ・・・

辺野古支援に行った話も、

「勝つ方式はあきらめないこと」

翁長知事は絶対にあきらめない

沖縄の問題は日本の民主主義の問題である

さらには国政

モラル崩壊のボロボロ状態と。

森友疑惑も

教育勅語も

大臣達のモラルも崩壊・・・

安倍一強はボロボロのモラル崩壊の暴走だ

ボロボロの暴走車は安倍政権・・・厳しく批判

そして

いよいよ本格的に

都議選について語った。

土壌汚染問題のまえに

大型開発先にありきの豊洲移転であったことを

詳らかにしました。

さらには土壌汚染対策法によると

生鮮食品を取り扱う場所は

土壌汚染があるところは想定していないことも明らかに

様々な観点から

科学的になぜ、豊洲がダメなのか

はっきりとしています。

そして都議団の値打ち

調査力・提案力・論戦力と

3拍子そろっていることを伝えました。

最後は、国連での

核兵器禁止条約の会議に志位和夫委員長が発言した

そのことをかたりました。

世界から115の国と市民の参加があった。

日本政府は米国追随の

惨めな態度をさらした。

JAPANの席に折り鶴がおいてあった

「貴方がここにいてくれたら」と

折り鶴に書かれていたそうだ。

5つの核保有国が欠席し、

国連の会議の外で

米国は条約反対の声を出していたが

世界は大きく変わりつつあると。

国の大小・経済力・軍事力の大小では無く

世界の道理にかなっている国は

小さくても、尊敬される。

あっという間に2時間が経ちました。

私達は私たちが進む道に確信を持って

前を向いて進めるのです。






























« 若者の都政学習会 | トップページ | 橫田基地では・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/70468460

この記事へのトラックバック一覧です: 4.17 国際フォーラムは人・人・人:

« 若者の都政学習会 | トップページ | 橫田基地では・・・ »