« 山下芳生参議院議員立川にて街頭演説 | トップページ | オスプレイ配備反対署名 »

2017年4月12日 (水)

山口二郎氏の講演

昭島の公民館で

かの有名な

法政大学教授の山口二郎氏の

講演が行われました。

残念!カメラを忘れてしまいました。

開催は

「安保法制許さない総がかり昭島市民の会」

毎月19日は抗議のスタンディングや

宣伝も継続しています。

約30団体と個人も参加しています。

「市民と野党の共闘で安倍誠司を変えよう~その展望」と題した講演です。

*「アベ化する世界とイヤな時代」

虚言・デマをためらわない、嘘がばれても恥ずかしくない

事実と虚構の区別が出来ない反知性

主観と客観の区別も付かない。

*イヤな時代の本質は

戦争できる国になった日本・・・

メディアの抑圧と隠蔽・・・

国民に対する画一化と道徳の押しつけ

結婚しろ・子どもを作れ・活躍しろ・・・

そうです。

 家庭とは・・・女性はかくあるべきと科学的根拠のない押しつけ・・

 これは我が市の議員もこう言う押しつけを

 平気で求める人もいるが

 これが自民党の体質なのでしょう

そして

責任説明の消失とかこつけ政治

「安倍政権はかこつけ政治」

積極的平和主義にかこつけて

駆けつけ警護?

オリンピック・パラリンピックにかこつけて

共謀罪!?

地域活性化・地方創生にかこつけてカジノ法?

安倍暴走きわまれり!

さらには世界情勢

米国のトランプ政権を

世界の安倍化と切った・・・

それが大統領選挙に現れた・・・と。なるほど。

そして

日本の危機的現状・・・

 政治は権力が暴走し無責任・・・言葉が崩壊している

詭弁とごまかしの重層化・・・なるほど、なるほど

歯切れ良くテンポ良く話が深まります。

最後にご当地問題にも触れました。

衆院21区の特異な状況に

市民と野党の共闘を

どのように広げていくか

夏休みの宿題です。

会場いっぱいの参加でした。会場からの発言には

弁護士や、社民党の議員

生活者ネットの議員

日本共産党の荒井ひろゆき議員なども

共闘を改めて呼びかけました。

すばらしい講演会でした。

« 山下芳生参議院議員立川にて街頭演説 | トップページ | オスプレイ配備反対署名 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/70240014

この記事へのトラックバック一覧です: 山口二郎氏の講演:

« 山下芳生参議院議員立川にて街頭演説 | トップページ | オスプレイ配備反対署名 »