« 今、橫田基地は・・・ | トップページ | CV22オスプレイ橫田基地への配備、3年延期 »

2017年3月29日 (水)

東中神駅橋上架一部供用開始、そして立川基地跡地は

Cimg8181


JR東中神駅の工事が進展しています。

先日全議員による視察が行われました。

駅舎や、交通広場、立川基地跡地の

工事の進捗状況も、視察。

上の写真は、まだ工事中の改札口です。

Cimg8184

ヨーク見てください。

なんか面白い。

切符を購入する機械がまだ入っていません。

Cimg8183

こんな風になっているのですね。

Cimg8186

木目調の格調高いデザインです。

Cimg8188

まだ工事は続きます。

今までこの駅の北口の改札は時間規制がありました。

常時開いておらず、南側から北側に回るのは

大変遠回りをしていました。

北口には病院などもあるのにです。

ようやく北口の常時改札が出来て

その点はホットします。

しかし

この工事で南側の商店街が疲弊?

商売にならない?

売り上げが3割低下

等の声が私どもの所に届きます。

居酒屋さんが(チエーン店なのに)廃業に追い込まれました。

Cimg8193

こちらは北口の交通広場

まだ工事中ですが

とてもひろ~~~い。

Cimg8192

東中神北口の

立川基地跡地に大きなプロジェクトが進んでいます。

なんと言っても法務省が利用する規模がでかい。

仮称、国際法務総合センターが出来つつある。

矯正医療センター・少年非行対策センター

女子中間ケアセンター・国際アジア極東犯罪防止研修所

公安調査庁研修所・矯正研究所・・・

まあ、法務省の分散していた施設が

ここに一同に集結するというわけだ。集約化だ、

その他民管理用地や

民間利用地の一角に昭島市の共同学校給食調理場も

国から土地を購入して建設する予定

さらに

民間予定地には特養やこども園・児童センターなどの

計画もある。

さらに障害者の地域生活支援拠点なる構想もある。

そして

公園も整備されつつあり

配水場も建設された。

昭島市の水道は深層地下水100%です。

この地域に水道を送るために配水場が作られました。

「北部配水場」です。

Cimg8200

これは配水池

この屋上には太陽光のパネルも設置される予定と

Cimg8202

池、地下を掘削して、いわゆる井戸を掘って

水を引くのです。

Cimg8201

メーターで管理

Cimg8203

水源井を2本掘ってあります。

常にA系、B系と2系統の水が着水井に運ばれ

そこで次亜室を通って、次亜塩素酸かな・・・いわゆる消毒されて

配水池に運ばれ配水ポンプ室から

給水区域に配水されるという仕組みです。

Cimg8208

配水池やポンプ棟

次亜室や着水井・

排水ポンプ設備や

受変電設備など

普段は滅多に見られない施設を視察できました。

昭島市には東部配水場や、西部配水場などがありますが

仕組みはすべて同じようだそうです。

東京都の水道より

単純なシステムで各家庭などに給水出来るそうです。

Cimg8206

防音や防湿なども徹底管理

Cimg8217

もし、どこかの配水場でトラブルが発生しても

補い合える仕組みもあります。

電力が失われた場合の対策も講じられていました。

自家発電機室もあります。

Cimg8207

東日本大震災を経験して

やはりさまざまな想定要因が増え

新たな対策を講じた施設整備となっています

Cimg8199

この配水場の屋上から

3号公園が見えます。

この隅っこに

引き込み線後も残してあるようです。

この北部配水場は4200平方メートルあります。

この大がかりな国際法務センターから

東中神駅までの立川基地跡地には

希少種のオオタカの営巣が認められており

この営巣時期には工事を配慮することも

行われてきましたが

その後

オオタカは?

一応環境保全用地として立ち入り禁止の保護区域も

あるのですが・・・

国際法務総合センターと言えば

聞こえは良いかもしれませんが

いわゆる刑務所ですから・・・。

東の玄関口の東中神駅

まだ開発が続きます。

開発の傍らで

衰弱していく既設の商店街・・・

まちづくりというのなら

既存の商店をちゃんと生業を保障できるような

人の呼び込みも

まちづくりの視点も必要です。










































« 今、橫田基地は・・・ | トップページ | CV22オスプレイ橫田基地への配備、3年延期 »

街作り」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきます。
難しいことはよくわかりませんが、そのように大規模な施設がくるなら、そこで働く人もたくさんになるって、そういう単純なことではない、ということなのでしょうか?
いま、わざわざ電車に乗って東中神の駅前まで出向いて商店街を利用するひとがいたのに、この駅舎工事のために閉店に追いやられているように読めました。
記事から想像すると、人が移住してくるから駅を改築している、これからそれらの人を相手に商売の規模も拡大できる、と想像するのは間違えという事なのですね。
主婦には難しい記事でしたが、これからも勉強させていただきたいと思いますので、よろしくお願いします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/70078714

この記事へのトラックバック一覧です: 東中神駅橋上架一部供用開始、そして立川基地跡地は:

« 今、橫田基地は・・・ | トップページ | CV22オスプレイ橫田基地への配備、3年延期 »