« 正月2日は核兵器廃絶の署名行動 | トップページ | 新春の集い、旗開き »

2017年1月23日 (月)

地域で宣伝

正月の4日

いち早く宣伝に打って出ました!

地域で

新年の挨拶と

日本共産党の政策の訴え

新春の談話紹介

Cimg7143

地元の後援会の方が

一緒に旗を持ってくれました。

やはり地元は暖かい

4日なのに

家の窓を開けて

手を振ってくれた方

わざわざ声を聞きつけて

家から出てきてくれた方

車で通りかかりながら

窓を開けて

頑張って!と声を掛けて下さる方

こうした方々に

励まされます。

12月議会の顛末の報告も。

12月13日

沖縄のオスプレオ墜落事故

その後の日本や沖縄

また橫田基地周辺自治体の動き

さらに我が昭島市の対応や

市議会の異常さ・・・

米軍橫田基地の飛行直下にある

昭島市議会はどうなっているのか

安倍政権のように1強他弱だと

地方議会まで自民党と公明党が

議員の質問権も圧殺し

オスプレイの事故を受けて

事故原因の徹底検証

安全性の確保

正確で迅速な情報提供

安全性が確保されるまでは

オスプレイの飛行を中止して・・・

こうした要請は

沖縄だけでなく

橫田基地周辺自治体や

東京都と連絡協議会も

国等に要請をしている

市議会でも

福生市は自民党が率先して

要請を促し全会派一致して要請を行ったと聞いた

あきる野市や

青梅市

日野市などでも要請を行っている

昭島市長も自ら北関東防衛局へ

口頭ではあるが

要請に行ったという

そのような中

昭島市議会としても

要請すべきと

基地対策特別委員会で

日本共産党の荒井ひろゆき議員が提案したが

特段必要ないと自民党議員

そして同調するように

公明党の議員も

必要ないと言った!

採決で数の力で否決!

社民党と我らだけが要請を促した・・・

これでいいのだろうか。

昭島市は飛行直下です。

今年秋には

CV22オスプレイが配備されると言うのに・・・

市民の方々が

不安に思われています。

不安を払拭できる説明を自民党や

公明党にお願いしたい。

事故原因も究明できていない中

沖縄ではオスプレイが飛行し

空中給油まで・・・海上での空中給油だけでなく

陸上での訓練も否定しない

オスプレイ分析官のリプロ氏が指摘している

今回の事故で

オスプレイの新たな欠陥が加わった・・・と。

飛行モードでの空中給油は至難の業・・・

今年秋には橫田基地に

CV22オスプレイが配備されます。

日本の防衛とは無関係です。

不安に思っているのです。

もし

沖縄のような事故が起きたら

起きない保障はないのです。

市民の不安除去に

どのように自民党は対応するのでしょうか

委員会では

オスプレイは抑止力として必要だと


« 正月2日は核兵器廃絶の署名行動 | トップページ | 新春の集い、旗開き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/69352045

この記事へのトラックバック一覧です: 地域で宣伝:

« 正月2日は核兵器廃絶の署名行動 | トップページ | 新春の集い、旗開き »