« 第90回横田基地すわりこみ行動 | トップページ | 地域の防災訓練 »

2016年9月21日 (水)

全国基地爆音訴訟原告団連絡会議

上記の名称にさらに続きが

「全国原告団交流集会・第4回総会IN橫田」

と言う交流集会に参加しました。

なんと昭島市で開催されたのです。

それも市役所です。

土曜日ですが、市民ホールや会議室、食堂などを

お借りしての全国原告団の

交流会でした。

Cimg5445

原告団は

厚木爆音訴訟原告団や

嘉手納・普天間・岩国・

自衛隊の小松基地

そして橫田は二つの原告団です。

開会の挨拶には

我が市の副市長も挨拶し

市長のメッセージを紹介しました。

ま、昭島市は横田基地の占める面積は少ないのですが

飛行直下であり、爆音公害は日常茶飯事です。

住民が事故や事件の危険性

そして何より騒音に悩まされています。

私はこうしてパソコンを使っているときも

ふと窓を見ると

厚木方面から

横田に向かう米軍機を

常に見ている感じ

少々心理的にもいやあ~な気分が続いています。

各地の爆音訴訟原告団が

団結して

訴訟に勝利するための情報交換や

弁護団も参加し

情報交換しています。

国・防衛省への要請行動も行い

軍事基地による事件や

事故を許さない闘いを強めているとのことです。

私は現在は原告団ではありません。

前の第一次橫田訴訟団でした。

今回は

学習の機会として参加しました。

Cimg5446

全国から

様々な状況報告が続きます。

Cimg5447

各地の爆音訴訟

すでに公害です。

Cimg5449

司会は

社民党の青山昭島市議でした。

青山市議は第9次橫田爆音訴訟団副団長です。

Cimg5448

だれもが静かな夜を願っています。

Cimg5450

歓迎の挨拶は

小松基地の訴訟団の長田さん。

Cimg5451

第2次橫田訴訟団も挨拶

Cimg5455

来賓として昭島市副市長が挨拶しました。

Cimg5456

弁護団としても挨拶が行われ

その後は各原告団の経過報告が行われました。

特に嘉手納基地・普天間基地の取り組みと

国の横暴が語られ、1人1人の声は小さい

しかし粘り強くやっていく!

とご自身を鼓舞されるような訴えでした。

特別報告は二つ

まず相模原市議から

「全国の基地情勢について」が報告されました。

米軍再編成から10年

アメリカはさらに再編が進められている

日米の軍事一体化が進められている・・

もう一つは

基地訴訟の果たしてきた役割。意義について

その後は文科会

3つのグループに分かれました。

ちょっと暗く写真はうまく撮れませんでしたが

市民ホールは120名

文科会はゆったりですが熱気あふれていました。

Cimg5457

本当に厳しい闘いを

あきらめず、皆さん粘り強く闘っています。

この会場は7階の食堂ですが

この窓からは富士山も

くっきりと見えますが

厚木方面から飛来する飛行機は

襲ってくるような感覚を覚えるような

見え方をすることがあります。

角度です。

市役所は飛行直下

この上を飛びます。若干ずれることも多い。

この日はなんと横田基地の友好祭の日でした。

飛行機は飛びません。

日本全国で

米軍機の騒音に悩まされ

事故や事件に巻き込まれ

もう米軍基地はいらない!と言う声をあげています。

沖縄の皆さんの声は身にしみました。

「沖縄のうちなんちゅうは

安倍と稲田という名前を絶対に忘れない!。

9月16日は司法が死んだ命日だ。」

「しかし腹を据えてやる」

さらには

高江のヘリパット強行工事で

不当に拘束されていた市民が皆解放されたとも報告

しかし

自衛隊のヘリが米軍基地のために

資材を運ぶという

前代未聞の事態が強行されていることや

全国の機動隊が導入されて

秋縄県人を排除する様など

本当に許しがたい暴挙が

沖縄ではまかり通っている

大変ゆゆしき事態が生じている。





















« 第90回横田基地すわりこみ行動 | トップページ | 地域の防災訓練 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/67599823

この記事へのトラックバック一覧です: 全国基地爆音訴訟原告団連絡会議:

« 第90回横田基地すわりこみ行動 | トップページ | 地域の防災訓練 »