« 憲法集会 | トップページ | 視察 »

2016年5月 8日 (日)

橫田基地問題を考える・・・

5月8日(日)

毎週日曜日は(15年前から)朝市を

開催しています。

私も世話人の1人。(当初から)

今朝準備中にうん?あの独特のプロペラ音は!

急いでカメラを準備しながら

空を見つめた

木々が邪魔をして良く見えなかったが

オスプレイだ!

富士演習場に飛来している情報はあった

もしかしたら

橫田基地に飛来するのでは?

と心配をしていたが、案の定だ

8時25分頃だったか・・・

市役所に電話を入れた

飛来情報はあるのか?

あいにく日曜日、担当者はいない(当然か)

守衛さんに聞いても

何も聞いていないと答えるのみ

とりあえず市民から不安の電話があったと

伝えてもらうようにしました。

その後

うん?大型輸送機の音だが

ギャラクシーでもない

むろんC130輸送機でもない

気になって外を見ると

大型空中給油機だ。

Cimg2805

ベランダ側で撮り

その後廊下側に出た

Cimg2808

この輸送機の音は

ギャラクシーほどうるさくはないが

重低音

響く音だ。

見ていると

Cimg2809

このあと

Cimg2810

こちらから見ていてもドキッとします

この反対側つまり

より基地側から見上げると本当にびっくりします。

11時5分、橫田基地に着陸したと思われる轟音が響きました。

この日の午後

私は「橫田基地問題を考える会」の総会に参加しました。

橫田基地に来年は

オスプレイが配備されます

黙っていると

特殊作戦部隊が

430名規模で創設される・・・・

しかし

先日私の所に市民の方から電話がありました。

市議団ニュースを見て質問したいと・・・

オスプレイ配備はテロの攻撃の対象になると言う根拠は何か

と尋ねられ

さらに

熊本では災害救助として

物資を輸送し

自分は大変優秀な機体だと思っているが・・・と言われた。

オスプレイの役割、安保法制と一体化した

橫田基地の機能強化

警察の対応など今橫田基地でどのような動きがあるのか

順々にお話しした。

まだまだ市民への周知は行われていません。

橫田基地問題は、基地周辺自治体の問題ではない

首都東京が、出撃拠点となって

日本全土で飛行訓練が行われる

首都東京の問題ならず

全国の問題

そして

安倍政権が進める安保法と一体化して

まさに橫田基地が一番テロの脅威にもさらされることに

・・・

こうした認識に立つのはまだまだ少数派です。

何を言っているの

危険性をあおっているだけ・・と言う声も聞きました。

しかし

私達は現実をしっかりと直視しなければなりません。











« 憲法集会 | トップページ | 視察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/65383286

この記事へのトラックバック一覧です: 橫田基地問題を考える・・・:

« 憲法集会 | トップページ | 視察 »