« 演説会 | トップページ | 市政報告会 »

2016年5月 5日 (木)

私達が求める医療・介護シンポジウム

4月23日

東京都労働会館にて

「私たちが求める医療・介護」の

シンポジウムに参加しました。

Cimg2459

記念講演は

立教大学教授の芝田英昭氏

「あるべき医療・介護とは」

医療制度の改革が次々と行われている

一昨年の

「医療介護総合確保法」

そこから

社会保障の考え方が

かえられてしまった。

Cimg2463

社会保障は命の問題・人間の尊厳の問題

それらが限界に来ていると言う

まず国保の実態を見ると

都内では

約50万世帯が保険料を滞納しているという。

これでは都民の命を守ることは出来ない。

払える保険料となっているのか・・・と言う問題もあるが

2018年に向けて

医療保険の改悪が狙われている・・・

医療も、介護保険も、さらには障害福祉も見直しとなる

安倍政権の

戦争法によって

憲法25条ヶ守れない。

医療も介護も自己責任に変えてしまったが

憲法25条は権利である。

Cimg2462

一番差し迫った課題は国保か

国保の運営方針が

都道府県単位化されるが、

全く都道府県に移るのではない

市区町村が合意をして

都道府県へ納付額を治める。

その中で気をつけなければならないのは

市区町村は議会にかけなくて良くなる。と言う点だ。

議会に諮るようにしなければならない

そうしないと

しらないうちに勝手に賦課されてしまう。

市区町村の責任をかわすもので、

責任の所在をあやふやにしてしまうという

そう言えば、後期高齢者医療保険は

都道府県が保険者

だから

市区町村の議会に諮る必要はない

これがそもそもの間違いだ

・・・・

様々な視点から今後何を削減しようと

国が考えるのか

チエック眼を養わなければならない。

3時間

民医連の調査結果の報告も

特に受診遅れで手遅れとなった事例の調査報告は

なかなかな内容だった。

調整交付金の話も

取りたてれば立てるほど、交付金が国から入る仕組み

たとえば

100件の差し押さえで1000万円の交付金とか・・・

300件で2000万円・・・

医療・介護をないがしろにする安倍政権

野党は共闘し連携して医療・介護を良くしよう

様々な自治体が積極的に取り組んでいることや

マイナスな取り組みなど

全国での事例も併せて報告されました。

2018年問題

いよいよ重要優先課題です。

医療・介護を良くしよう!

病院の問題も深刻です。

ぐるぐる病院

ベッド数の削減

都立病院から公社化によってひずみも出来ているといいます。

なかなか大変な改正が計画中です。

しっかりと注視していかなければなりません。

« 演説会 | トップページ | 市政報告会 »

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私達が求める医療・介護シンポジウム:

« 演説会 | トップページ | 市政報告会 »