« 国会議員が聞き取り調査に | トップページ | アベノミクスと戦争する国つくり »

2016年3月24日 (木)

橫田基地すわりこみ行動

毎月第3日曜日

午後1時半~3時半

福生市の

フレンドシップパークにて

座り込み行動が行われています。

国道16号線に面した公園

橫田基地のフェンスを見ながら

橫田基地を撤去せよ・・・と言う趣旨で始まっていました。

パラシュート降下訓練が始まると

こんな訓練やったらたまらない!

訓練やめて!という運動になり

MV22が飛来すると

オスプレイは飛来するなとなり

その時々の課題が運動と一体となって

粘り強く積み重ねられてきました。

昨年5月

CV22オスプレイ橫田基地配備の

米軍から接受国通報されると

オスプレイ配備反対の大運道となっています。

第84回目の座り込みに参加しました。

Cimg2046

この日はサプライズで

彼の砂川闘争を闘った

内藤功弁護士さんもみえました。

すでに80歳・・・まだまだお元気で

闊達なお話をされます。

このすわりこみ行動は

実は青空学習会?です。

様々な団体や個人の方が参加し

自らの意志で発言されます。

また最初に

代表から橫田基地が今どのような状況なのか

参加者に話されるのです。

資料もたっぷり。

Cimg2049

そして今回は

都議会議員の尾崎さんも

東京都と都議会も

橫田基地問題を

正面から捉えている実態を報告

しかし

なかなか温度差があるのは否めない。

Cimg1684

休憩時間もあります。

その時には

三多摩青年合唱団が

沖縄をかえせ等のコーラス

替え歌で

橫田を返せも熱唱。

その他お楽しみコーナー?

冬はぜんざい

甘酒

豚汁など

地元の方々の差し入れです。

お茶にコーヒーも。

夏にはスイカも。

座り込みと言っても

椅子やブルーシートなどにゆったりと座るんです。

そして

様々な立場から訴えます。

戦争法が実行されると

いやそれを見越した準備が

着々と橫田基地では進んでいる。

あらゆる戦闘状況を想定した

仮想戦闘状況下での訓練なども

結構行われています。

CV22オスプレイは特殊作戦を任務とします。

国家転覆とか拉致とか

テロだって・・・・・・

昨日だったか

東富士演習場でパラシュート降下訓練中に

基地外に降下するというアクシデント

幸いにして

被害はなかったそうですが

こうした被害のリスクと表裏一体なのです。

戦争法と一体となった橫田基地の

機能強化がすでに行われています。

日韓の合同大演習に

橫田基地からも飛び立っています。

いつでも、どこへでも

安倍首相が進める戦争法の実施が

まもなく・・・・・

やはり基地撤去しかない・・と言うことになるのです。

防衛問題は国の専管事項

一地方自治体の長が

判断する立場ではない・・・と言って

CV22オスプレイの配備を

容認するわけにはいかないのです。

我が市の長は

オスプレイ配備を容認する態度を表明しました。

さてこれからも、

橫田基地問題は正面から

追及するしかありません。




« 国会議員が聞き取り調査に | トップページ | アベノミクスと戦争する国つくり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/64625780

この記事へのトラックバック一覧です: 橫田基地すわりこみ行動:

« 国会議員が聞き取り調査に | トップページ | アベノミクスと戦争する国つくり »