« 防衛省に抗議 | トップページ | 拝島駅南口聞き取り調査 »

2016年2月 3日 (水)

食育?学校給食試食会

地域の

市立田中小学校の給食試食会に

参加しました。

自校方式です。

我が市の小学校は現在14校

そのうち自校方式は6校です。

田中小学校では

どこかの学年が校外授業等の時に

試食会が行われます。

PTA主催と、地区委員会(ウイズユース)主催があります。

本日は地区委員会主催。

むろん、参加者は給食費一食分払います。

市の補助金分を差し引き、253円・・・

Cimg1542

献立です。

 〇 梅ちり菜めし(御飯に梅とじゃことコマツナの刻みが入っている)

 〇 生揚げの味噌チーズ焼き

    すごく凝っています。

    生揚げに、タマネギ・キャベツ・ピーマン・人参の千切りを

    バターで炒め、白味噌・赤味噌・みりん・砂糖・醤油・塩・ごま

    などで味付けし、銀紙のカップに1人分ずつ入れて

    ピザチーズを上から掛けてオーブンで焼くのです

    和食だけど、子どもが大好きなチーズ焼き

    ボリュームもあります

    和食を子どもにどうしたら食べてもらえるか

    栄養士さんが様々考案しています。

 〇 ごま和え

    ほうれん草・人参・こんにゃく・切り干し大根・ホールコーンなどを

    ゆでたあとごま和えです。(ごまが、こおばしくおいしい)

 〇 芋の子汁

    里芋・ゴボウ・にんじん・コマツナ・豆腐・豚肉・シメジ

 〇 牛乳

どうです。すごい野菜の種類!

実は調理師さん泣かせのメニューとか

すべての野菜をひたすら小さく切るからです。

420食分。調理師4人・栄養士1人で作ります。

そして

このメニューで一食で摂れる栄養素

カルシウムは必要量の150%

鉄分は必要量の146%

食物繊維は120%

給食をしっかりと食べると

栄養も保たれます。(ただしあくまで1食です)

給食では一日に必要な栄養のおよそ1/3を

摂るようになっているのですが

自宅で摂りにくいカルシウムとB1B2も多く含まれるように

工夫しているそうです。

自校方式ですから

暖かいうちに配膳されます。

そして

検食は校長先生が早弁?

本日は副校長が早弁したそうです。

校長は6年生の校外学習に同行

(国会・裁判所・江戸博物館などに行っているとか)

こうした話を栄養士さんが話してくださいました。

質問で

食物残渣量について聞かれた方がいました。

食物残渣量・・・現在様々な問題があります。

田中小学校では

昨年4月から9月までのデーターでは

毎日、コンビニおにぎりにたとえると

150個分の残差があったそうです。

残さない工夫や努力もあって

100個に減り

現在は70個分まで減少させることが出来たそうです。

約8キログラム。多いけど420食で考えると

かなり減量に取り組んでいるのだと思います。

田中小学校には残渣処理機があり

最終的には肥料になるそうです。

また和食が世界遺産に登録されて

田中小学校でも

御飯の日を増やしています。

週3~4回だそうです。

また魚を使ったメニューも増やしているそうです。

我が国の各地域の伝統的な食文化について

理解を深めることも食育の目標です。

そういえば初午の時期の試食会で

初午にちなんだ行事食をいただいたこともありました。

フェイスブックに自校方式の給食試食について

アップしたところ

自校式がうらやましいと書き込みがありました。

大事にしなければなりませんね。

« 防衛省に抗議 | トップページ | 拝島駅南口聞き取り調査 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/63780457

この記事へのトラックバック一覧です: 食育?学校給食試食会:

« 防衛省に抗議 | トップページ | 拝島駅南口聞き取り調査 »