« 横田基地現場検証 | トップページ | 食育?学校給食試食会 »

2016年2月 3日 (水)

防衛省に抗議

米軍横田基地に

かつてない規模で

戦闘機が予告もなく飛来した件で

抗議行動に参加しました。

日本共産党の宮本徹衆院議員

参院予定候補者の山添拓弁護士

都議会議員の德留氏・清水氏・白石氏

横田基地周辺自治体議員の

福生市議・武蔵村山市議、元羽村市議

そして私と荒井議員が参加しました。

Cimg0912


防衛省からは

地方調整課と

沖縄調整官が対応しました。

防衛相の話では

 「日本政府にも通告なくF22戦闘機が飛来した。」

目的は?

「横田基地に一時立ち寄る。その後嘉手納基地へ行く」

北関東防衛局は、アメリカに確認した。

「安全飛行に努める」

「騒音の規定基準を守る」?

「アメリカから、事前連絡はない」

「防衛省が目視で確認してから関係自治体に連絡している」

「嘉手納基地にも戦闘機が暫定配置されている、

アメリカから連絡がある場合もあるが

すべてではない。」

「米軍の運用に関すること」でた!

航空機の安全性について

飛行プランは出す?

一般的には民間機では

フライトプランを出すはず

橫田の管制だって情報共有があるのでは?

「飛行計画の通知義務がある。がアメリカ政府から

情報があるわけではない・・・」

「MV22の場合は最初から目視で情報発信

情報が遅れがちである。

米側では、共同訓練やイベント等は情報提供がある。

飛行ルートの確認は出来ていない

米軍機が引き返すことも多い

しかし運用上の事だ。」

米側の運用上の事・・・この文言にどれだけ泣かされているか。

フライトプランは防衛用は知る立場にあるだろう?

国土交通省が管轄?

横の連携でいち早く知ることが可能でしょう?

連携とって周辺自治体に速く情報提供してよ

「日米合意は遵守します・騒音への配慮も・・・」

ちょっと待って

騒音への配慮?

戦闘機が飛ぶんです

騒音への配慮は出来ないでしょう!?

飛ばさないのが一番ですよ。

日米合意と言うけれど

守られていないでしょう?

6時~22時の飛行だって守っていない

早朝も深夜も飛ぶんです。

拝島第二小学校の子ども達

閉塞された教室での授業だけではない

グランドだって体育館だって、

授業を一時中断せざるを得ないんですよ・・・」

私は被害の実態を迫った

教師はは繰り返し同じ話をします。

ロスですよ

下校時オスプレイが飛来したとき

子ども達は耳をふさいで歩いているところを目撃しました。

轟音がうるさいのです。

周辺自治体が口頭で要請をしているが

国は答えもしない

しかし私達は

忘れることは出来ないのです。

忘れてはいけないのです。

横田基地はあくまで中継基地だったはず

そこに戦闘機が飛来すること事態異常です。

しかしCV22オスプレイが配備されたら

出撃拠点とこの横田基地は担うのです。

殴り込み部隊ですよ。

周辺自治体議員に聞きました

被害の実態は?

やはり一番被害を被るのが

昭島市民です。

福生市議や武蔵村山市議は

騒音被害を捉えていませんでした。

さほど感じていないそうです。

市内でも温度差があります。

横田基地にも日本のどこにも基地はいりません。

一番騒音被害を受ける

私達昭島市民が立ち上がらなければ!!

« 横田基地現場検証 | トップページ | 食育?学校給食試食会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/63765255

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省に抗議:

« 横田基地現場検証 | トップページ | 食育?学校給食試食会 »