« カヌー教室 | トップページ | 小学校の統廃合、その後・・・ »

2015年9月12日 (土)

自然の脅威

線状降水帯?

初めて聞いた。

このような水害は初めてだ。

昨年の広島の集中豪雨による甚大な災害

その前の台風時の大島の被害

私達はこうした体験をしたはず

しかし

いまだかつてない自然の脅威が

襲いかかってきた。

6日の日曜日、私は多摩川に行った。

きれいに澄み切り

浅瀬が続いていた。

大人の膝下という水深。

Dscn0279

この風景が一変した。

残念!フェイスブックにはアップした写真を

縮専しなかった・・・

再度トライしても出来ない?

濁流の多摩川の写真はフェイスブックで

ご覧下さい。

私は多摩川の上流で放流されたという情報を聞き

多摩川の水流・水量がどのように変わっているのか

視察した。

拝島橋から・・

やはり濁流、かなり水量も増えている。

ゴウゴウと音がする。

ブルーシートの住人は大丈夫だったのだろうか

それが気になった。

ヘリが上空をホバリングしていたと

あとで聞いた。

キット大丈夫だったかと思う。

しかし

この放流についての情報伝達?

どうなっているのだろう?

私が住んでいた田舎では

ダムの水を放流する場合には

サイレンが流された。

また川岸には

「サイレンが鳴ったら

急に水かさが増えます

注意してください」とか

標識も立っていた。

1級河川である多摩川

管轄は国土交通省か・・・

広域避難所がくじら運動公園等に指定されている。

河川敷です。

あり得ないと思うのですが。

そして今朝方は地震で揺り起こされた。

火山列島の日本で

原発など立地条件はない。

地震も津波も火山の噴火も台風も

豪雪も猛暑も干ばつも、竜巻も

冷夏も豪雨も自然相手です。

自然の驚異には逆らえません。

人類の英知で

自然を守る対策を講じなければ・・・。

« カヌー教室 | トップページ | 小学校の統廃合、その後・・・ »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/61582404

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の脅威:

« カヌー教室 | トップページ | 小学校の統廃合、その後・・・ »