« 面白いサボテン | トップページ | 第77回横田基地すわりこみ »

2015年8月16日 (日)

8月15日

様々な思いでこの日を迎えている方が

たくさんいらっしゃる・・・・

今日は8月15日

戦争が終わった日

多くの犠牲者に祈りを捧げる一日です。

今なお

戦争の傷が癒えない多くの人々

そして

高齢化によって

戦争の体験を伝えることが出来る方が

激減している。

安倍首相は

「あの戦争には、何ら関わりのない私達の子や孫

その先の世代の子ども達に

謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」

と談話でのべた

これが本音なのだろう

自分(首相)もあの戦争に係わっていないのに

なんで侵略やお詫びという文言を入れて

話さなければならないのか・・と

自分はこの国の首相だぞ、なんで謝罪を背負わせるのか?

とでも思っているのだろうか・・・

それでも世論の動きには敏感に反応せざるを得ない状況に

追い込まれていると言っても良いだろう。

そのくらい、戦後70年の談話にはこだわったはずだが

世論に逆らえず

文言だけは侵略とかのフレーズを入れた。

しかしなんと空々しい談話だったのだろう。

この談話は恐るべき談話だと

私は思います。

核兵器の脅威について

やはり語り続けなければ

いくら自分が関与していなくっても

戦争がこうした核兵器まで使用する

その結末がどんなものであるか

やはり子どもや孫の世代に

語り継がなければならない。

また歴史に逆戻りする危険性があるのです。

原発も同じです。

「津波てんでこ」・・・昔南三陸に津波が押し寄せたとき

とにかくてんでにでいいから逃げろと

語り継ぎ

言われ続けてきた教訓が生きているではありませんか。

それを

子どもや孫その先の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせては

ならないって!?

子どもや孫やその先の世代まで

戦争はダメ

核兵器はダメと言い続け

つないでいくことが必要だと私は思います。

今日は

戦争法案ストップの宣伝と署名行動に参加しました。

Dscn0032

若者を戦場に送るのはダメです。

Dscn0033

次々と多くの市民が署名に応じて下さいました。

若い男性が

特に目立って応じてくれました。

戦争ほど愚かな行為はありません。

「政府の行為によって再び戦争の惨禍を

引き起こすことのないように

することを決意し

ここに主権が国民に存する事を宣言し

日本国憲法を確定する。」

私はこの

憲法の前文に書かれている文言を時々読み返します。

戦力はこれを永久に放棄する!憲法九条が生きる日本

平和外交が出来る賢い日本をつなぐために。


« 面白いサボテン | トップページ | 第77回横田基地すわりこみ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/61189380

この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日:

« 面白いサボテン | トップページ | 第77回横田基地すわりこみ »