« 拝島第4小学校が廃校に・・・ | トップページ | 昭島市上空は・・・ »

2015年4月 1日 (水)

戦争する国つくりは絶対にストップを

議会も終わり、街頭で訴える毎日。

特に

国政問題は欠かせません。

ひたひたと戦争の足音が聞こえるような

恐怖を感じています。

Dscn8118_2

戦争する国に後戻りさせてはなりません。

米国の戦争に

「戦闘地域」まで行って軍事支援を行う

「戦闘地域」で「人を、殺し殺される」道を進めてはなりません。

攻撃されたら

「武器の使用を認める」と、首相は答弁しています。

いつでも

どこへでも

どんな戦争でも

「集団的自衛権」の名の下で

無法な侵略戦争にも参戦する。

こんな事を許すわけにはいきません。

Dscn8119

なぜ首相が自ら、憲法違反を行おうとしているのでしょう。

憲法を擁護する責務があるのにもかかわらず

憲法の解釈を

勝手に変えてまで

戦争への道に日本を進めてはなりません。

政府の行為によって再び戦争の惨禍を引き起こすことのないように

決意して日本国憲法が出来た。

この日本国憲法の重みを

私たち日本人は感じてきたはず

いや

感じる事なく空気のように

あって当然となっているのかもしれない。

今こそ憲法前文を

首相はしっかりと読み直すことだ。

« 拝島第4小学校が廃校に・・・ | トップページ | 昭島市上空は・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/59490724

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争する国つくりは絶対にストップを:

« 拝島第4小学校が廃校に・・・ | トップページ | 昭島市上空は・・・ »