« 平和外交を | トップページ | 市議選、様々な取り組み。最後まで訴える。 »

2015年4月12日 (日)

昭島駅南口街頭演説

昭島駅南口午後2時

ちょっとしたスペースに人が出てきて下さいました。

急遽

清水都議も駆けつけて下さいました。

Dscn8310

私の後ろでは

立川市議団長

いつも支えていただいています。

「戦争する国つくりは許せません」

「昭島市から戦争ノーの声を」

「平和を守れ、憲法9条を守れの願いは

日本共産党にお寄せ下さい」

国政を語り

市政を語ります。

「消費税増税から1年、アベノミクス効果は来ていますか?」

「街の小さな店舗は

これまで、地域経済を支え、地域コミュニティの拠点として

商店街の活性化に貢献してきた

しかし

消費税増税と、大企業応援の国政によって

小さな商店は経営難に追い込まれています。」

様々な街の声をお話ししました。

清水都議も

優しく力強く、幅広いお話を

訴えて下さいました。

Dscn8315

演説会のあとは、聞いて下さった方々と握手です。

清水都議も一緒に動いて下さいました。


« 平和外交を | トップページ | 市議選、様々な取り組み。最後まで訴える。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私は、大企業と一般的にいわれる電機メーカーで、小売店向けに営業をしている者です。共産党の演説を始めてしっかりと聞きましたear

営業で小売店を周っていると、言われていた消費税増税反対や内需拡大策、まさにその通りであると感じます。

アベノミクスが始まっても、ずっと個人向けの商品の売り上げは下がったままです。消費税増税後は、今まで以上に下がっていますbearing
ここ数年、小売店では、多機能で高額な商品より、単機能で安価な商品が売れる傾向が強いですsad。日本のメーカは、価格競争では中国や東南アジアのメーカに勝てませんcoldsweats02。消費税や物価を上げ賃金を下げる政策を取れば、ユーザが安価な商品を求めることは当然のことですよね。自国の商品が売れないような政策は、日本自体や日本のメーカを着実に壊していると考えます。日本経済の内需依存率が7割程度であることを考えると、今のような政策が続けば、売れなくなって大企業も潰れていくのではないでしょうか?

後、雇用政策も話されていましたね。不安定雇用を増やす政府の政策は、愚行としかいいようがありませんannoy。日本の強みは、人宝です。不安定雇用を進めて人つくり(技術継承等)を疎かにして、良いものができるはずがなく、人件費が安く技術力を高めつつある中国や東南アジアのメーカに太刀打ちできません。

以上のようなことを考えると、10年先・20年先に今の会社が残っているのか、日本経済が崩壊しているのではないかと恐ろしいweepです。10年先・20年先を考えると、共産党が一番の経済政策通で、(心外かもしれませんが)大企業のためにもなると、私は考えます。

アベノミクスを持ちあげてばかりのマスコミ報道からは、アベノミクスの実態を知れません。アベノミクスの危険性を多くの人に知らせてください。そして、ぜひ今の政府の政策を転換してください。

応援しているので、よろしくお願いします。happy02

松つんさん。メールありがとうございます。
おっしゃるとおりです。私は人こそ宝だと思います。日本の企業が人を大切にしなくなったのは、いつの頃からだったか、競争原理だ、市場化だと人を見ず、外国にまで進出し、低賃金で外国労働者も使い、のし上がってきた。これから技術の継承も中小企業は難しくなってくると、思います。
ひとを大切にしてこその企業だと、そうした企業は生き残れますね。
アベノミクスは失敗しています。だから、ピケティがもてはやされたのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/59620547

この記事へのトラックバック一覧です: 昭島駅南口街頭演説:

« 平和外交を | トップページ | 市議選、様々な取り組み。最後まで訴える。 »