« 横田基地の隣接で、戦闘機のエンジン工場新設? | トップページ | お正月には様々な行事が »

2015年1月16日 (金)

パラシュート降下訓練のあとには、戦闘訓練!!

1月5日から9日

横田基地ではパラシュート降下訓練が

150人規模で行われました。

終わってやれやれと思ったとたん

今度は

「サムライ即応監査」だという。

12日から16日まで

SRI(サムライ即応監査)とは

仮想戦闘環境における基地の機能テスト

テロ攻撃や航空機又は地上戦闘力等による基地への攻撃を想定し

実践的な即応体制をとることを訓練する

と言います。

そして

EME(緊急管理演習)も行う

これは、大地震、航空機事故、バスト航空機との衝突事故

踏切における電車とバスの衝突など

様々な状況を想定した重大事故における対応訓練だといいます。

PAS、大音響のでる特殊なスピーカーを使用し

サイレンや広報を行う・・・。と言います

さらに

GBS、地上爆発模擬装置、金属性の容器内で

爆発物を破裂させ

爆発音を発生させる。と言う訓練も行うと言います。

そして

演習に伴う航空機の運用はありません。と

情報提供されていました。

特に15日はPASとGBS、EMEを行うと・・・。

しかし

15日はあさからヘリやヒューロンやC-130など

とにかくずっと飛んでいました。

さらに

ず~~~と

大音響が響いているのです。

特にC-130が横田基地に着陸すると大音響が・・・

すごいです。

Dscn7446

さらに

戦闘機も2機飛びました。

さらに

早期警戒管制機まで飛んでいました。

早期警戒管制機、これは大きなレーダーを搭載しているので

すぐに分かります。

こんな

戦闘機等が日常的に

我が昭島市上空を飛んでいる、

そして一日中飛んでいるのに

さらには4機編隊飛行訓練も行っている・・・

4機編隊は通常訓練?

だって

航空機運用はないって情報提供されているのです

Dscn7464

首都東京で

戦闘状況を仮想し

あらゆる事態に即応できる訓練

つまり軍事訓練・戦闘訓練を行っているのです。

こんな無法な状況を放置しておいて良いわけはありません。

空を見上げると

西の空にも東にも、よく見ると北にも南にも

C-130 輸送機の機影があるという状況

市街地上空を

低空で飛行訓練するという状況

こんな状況を野放しにしておいていいのでしょうか。




« 横田基地の隣接で、戦闘機のエンジン工場新設? | トップページ | お正月には様々な行事が »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/58605706

この記事へのトラックバック一覧です: パラシュート降下訓練のあとには、戦闘訓練!!:

« 横田基地の隣接で、戦闘機のエンジン工場新設? | トップページ | お正月には様々な行事が »