« 赤旗まつり | トップページ | 国道16号(小荷田~熊川間)の整備促進要請 »

2014年11月 3日 (月)

赤旗まつり3日目、不破さんの講義を聞く

「科学の目」で日本の戦争を見る

と言うタイトルです。

第一会場は満杯

第二会場は庭に2台の大型スクリーンをおいて・・・

早く会場に入ったはずですが

第二会場でした・・・

Dscn6319


第二会場もまもなく入りきれなくなりました。

芝生です。ちょっとした階段なども鈴なり

すごい人が真剣に聞き入る

そのうちに太陽の照りつけがきつく

帽子もなかったので

室内のロビーに退散

ロビーにもスピーカーが設置されており

ソファーも空いていて快適な場所でした。

じっくりと聞く事ができました。

1時間45分・・・

戦争という性格について

歴史的な解明をしていきます。

満州事変や日中戦争

そして太平洋戦争、、それらの戦争がどんな仕組みで

戦争となっていったのか

しかし

こんな無策な戦争はなかったという

まともな展望を持って始めた戦争はない

戦争指導の全体に責任を負う人物は誰もいなかった

そういう世界にも類のない体制

戦争で日本軍人の230万人が戦没しているが

そのうち半数以上が餓死者という

補給は全く無視された戦争指導が行われた

国際法も無視した戦争

民主主義と平和の言論と行動を

徹底的に抑圧した国

戦争のあらゆる重荷を無条件で負わされた国民。

そして

この第二次世界大戦が終結する最後の1年間の無策さ

「一億玉砕」「国体」のためには

1億人の国民の命も犠牲にするという・・・

その後の

安倍晋三首相の戦争についての考え方について言及

安倍晋三首相の意図は

憲法9条と日本の戦後史だけでなく

侵略戦争の断罪の上に築かれた戦後の

世界秩序を覆すものだ

この政治支配を一日も早く終結させることに

日本の未来と世界の平和のために

日本国民が果たすべき重大な

責務がある。

最後の言葉がズーンと重く響いた。

不破哲三さんの声と語り口は

とても若々しい。

すごいなあ!!

その後

キラキラサポターズ・・・

「再稼働反対!」「再稼働反対!」鳴り響いていた。

Dscn6324

あ、ちょっとぶれた!

Dscn6323

吉良よし子議員には

いつも追っかけがついている。

Dscn6325

周りに元気を与えてくれる。

まあ、我が党も結構若返っている?

一日ラップ調の音楽が鳴り響く

結構若者以外もノリノリだ。

この赤旗まつりには

全国から参加者が集まる。

久しぶりの対面や

今日は末っ子の同級生ががんばっている姿もあった。

出会いの不思議さも感じる。

赤旗まつりは格調高い講義もあれば

なんと言っても産地直送のおいしいお酒が多いという

沖縄の泡盛から新潟は久保田

青森の八海山

日中友好グループの熟成紹興酒・・・

聞くだけで現物も見ず

味も見ていない・・・。

地方の有名な産物や

おいしい食べ物

鞄や三重の真珠、加賀友禅

岡山は備前焼

滋賀の信楽焼

益子焼き・・・あ~見ていない。







« 赤旗まつり | トップページ | 国道16号(小荷田~熊川間)の整備促進要請 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/57880409

この記事へのトラックバック一覧です: 赤旗まつり3日目、不破さんの講義を聞く:

« 赤旗まつり | トップページ | 国道16号(小荷田~熊川間)の整備促進要請 »