« 茶話会 | トップページ | 第30回昭島母親大会 »

2014年3月19日 (水)

新型消防ポンプ車お披露目

消防団第2分団の

新しい消防ポンプ車が披露されました。

14年ぶりの更新ということです。

Dscn3279

分団ごとに消防車のこだわりがあります。

団員が一団となってこだわりを詰めました。

効率性などの性能もアップ

マニュアル車からオートマ車に変えました。

使い勝手をとことん煮詰めています。

愛着を込めています。

Dscn3283

分団長がそれぞれの部分について

新しくなったところ

こだわったところなどを説明してくださいました。

助手席に乗って説明も受け

サイレン等の装備も・・・確認。フットサイレンもあります。

その後早速操法訓練の披露

Dscn3289

2本の放水栓の水を比べてください。

左側は、水を遠くに飛ばしたり

霧状にして、煙から人を守る効果もあるとか。

また第2分団の特徴は

消火活動が終わったあと

カンカンカンと鳴らしながら走る鐘の音です。

今は、殆どが電子音に変わり

鐘を鳴らす消防車が少ないとのことでした。

ライトも大きく、また遠くを照らしたり

LEDも取り入れています。

この新しい消防ポンプ車で

活躍する機会は少ないに越したことはありません。

しかし

訓練は精進して

市民の安全安心な街作りのために

これからもご活躍を!! と祈っています。

« 茶話会 | トップページ | 第30回昭島母親大会 »

街作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/55425280

この記事へのトラックバック一覧です: 新型消防ポンプ車お披露目:

« 茶話会 | トップページ | 第30回昭島母親大会 »