« 劣化する雇用と若者達の現状と題した講演会 | トップページ | 茶話会 »

2014年3月13日 (木)

復興は進まず

3月11日が過ぎました。

祈りの一日です。

その日、被災地ではボランティアも

作業はしません。

夫が2ヶ月に一回程度

被災地に行っています。

ボランティアです。

Dscn3251

現地の新聞です。3月10日。

現地の新聞は

今なお苦しい生活を強いられている実態を

浮き彫りにしています。

Dscn3250

3月11日の新聞

犠牲者は全国で1万8517人

避難者なお26万7419人・・・

生活の復興は実感を欠きます。

ほんの少し現地入りした首相

復興は進んでいると話しました・・・

Dscn3248_2

定点撮影も・・・

確かにインフラの整備は進んできています。

しかし

町は元には戻らない・・・

Dscn3249

そして

首相は事もあろうか、原発の再稼働を勧めようとしています。

原発の安全性を高めてと言いますが

いまだに福島原発の事故収束はできていません。

汚染水はたまり続け

新たな不備も次々と発覚。

原発作業員の被爆もあります。

原発再稼働に避難訓練や

避難計画も立っていない状態で

なぜ

命を守ることができるのでしょう。

誰が責任を持つの?

首相は国民の命を守る事ができるのでしょうか!?

事故調査委員会でも

政府の原発再稼働のプロセスそのものを

批判しています。

人の命をまず考えましょう。

命あっての経済です。

« 劣化する雇用と若者達の現状と題した講演会 | トップページ | 茶話会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/55360472

この記事へのトラックバック一覧です: 復興は進まず:

« 劣化する雇用と若者達の現状と題した講演会 | トップページ | 茶話会 »