« 豪雪対策はできていません。 | トップページ | 一般質問の準備 »

2014年2月28日 (金)

東京都農業委員・農業者大会開催

第55回の大会が昭島市にて開催されました。

34区市町村から推薦を受けて厳正な現地調査も終え

顕彰受賞者も参加。

Dscn3151

冒頭に

今回の大雪の被害も報告されました。

関東甲信で4億2300万円の被害

801棟のビニールハウスなどが全半壊しました。

市内でも農業ハウスやガレージの破損とその結果車の損害も・・・

自然を相手に仕事をする事の大変さを思い知りました。

雪害に対して

農業団体代表やJA東京グループが災害対策本部を立ち上げ

国や東京都へ要請をしていることも報告されました。

東京農業の確立に関する要望や

都市農業の振興と都市農地保全に関する要望などが

採択されました。

そして

企業的農業経営者や

農業後継者の顕彰が行われました。

Dscn3165

自然相手の偉大な農業の後継者

農業技術の工夫や、販路の拡大、経営の工夫などが

認められた若者です。夫婦も。

頼もしいです。昭島市からも後継者が顕彰されました。

Dscn3175

こちらは長年にわたって

農業にわたって農業に携わり、その功績を顕彰された方々

長年の労苦をねぎらい、そして若者へ継承していく

その希望の光が見えた大会でした。

経過報告の中で

TPPに対する意見も出されました。

慎重な議論が必要、自民党もTPP反対と言っていたから

公約は守って欲しい・・・とも。

始めて参加しましたが、なかなか考えさせられる大会でした。

相続税や所得税などの税金の問題も深刻だなど。、

« 豪雪対策はできていません。 | トップページ | 一般質問の準備 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/55165174

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都農業委員・農業者大会開催:

« 豪雪対策はできていません。 | トップページ | 一般質問の準備 »