« 横田基地情報 | トップページ | 長ーい一日 »

2013年10月31日 (木)

青年の訴え

毎週木曜日、朝7時から拝島駅北口で

日本共産党の政策の訴えを行う。

月曜日は昭島駅南口だ。

今日は西東京市から

Dscn1610

(富士山の雪化粧・・コレは昨日)

急遽後援会の青年が参加した。

ブラック企業規制法案の提案の内容を訴えた。

自らのリストラ経験

辛い経験談を語り、若者が希望を持って働くことができる政策を

訴えた。

消費税増税による市民生活の負担についても語った。

後援会の青年であるが

真剣さがにじんでいた。

日本共産党発行の

新聞赤旗も読んでいるという。

辛い体験を土台に一歩前進している姿は

晴れ晴れしい。

誰もが正規雇用が当たり前の社会へ。

青年が夢を語り希望を持って働ける社会へ。

« 横田基地情報 | トップページ | 長ーい一日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/53785782

この記事へのトラックバック一覧です: 青年の訴え:

« 横田基地情報 | トップページ | 長ーい一日 »