« 社会保障制度改革   国民会議 | トップページ | 横田基地での米軍機訓練が頻回に・・・ »

2013年9月15日 (日)

車人形

三多摩車人形を育てる会の

車人形を見ました。

田中小学校区生涯学習住民協議会主催です。

車人形はそもそもは

昭島で生まれた郷土芸能です。

江戸時代

大神町の酒屋で奉公していた丁稚が

大阪で浄瑠璃を学び

郷土に帰って工夫を加えて発展した郷土芸能です。

大々的に行っているのが

八王子車人形

その本家と言っていいのがこのあきしまが生誕地

まあ・・・いろいろ確執?はあるようですが・・・

Dscn0747

和楽器の演奏と合唱があります。

こと・三味線・篠笛・太鼓・その他珍しい楽器も使います。

Dscn0743

木魚のような楽器もあります。

Dscn0746

和楽器の演奏と合唱は圧巻でした。

さくら

おなじみの

さくら、さくらと言う歌に新曲さくらとして

作曲もしてあります。

その後いよいよ車人形が登場

Dscn0748

黒子が口上を述べます。

Dscn0750

人形の後ろに黒子がいます。

Dscn0753

京の町の百姓の「まんざい」

Dscn0755

まき売りの娘の「やめしょ」

この二人が

それぞれ一年間一生懸命働いて

貯めたお金を持ってそれぞれが

好きな人に贈り物をするために

買い物に市にやってきた。

Dscn0758

謡が女性は「やしょめ」の声を

男性が「まんざい」の声を朗々と歌い上げる

Dscn0763

買い物をしようとしたが

「高くて高くて何も買えません」

Dscn0760

「やしょめ」の優しさに救われます。

Dscn0765

お互いの好きな人への買い物はできませんでしたが

それよりも大切な思いやりに

新たな結びつきを築いていく・・と言うようなストーリー

謡がなかなかのもので

私など単純だから感情移入しそうなほど

すばらしい車人形でした。

演目が終わると

次は体験会?

車人形をどのように動かすのか

Dscn0768

今見せているのが黒子が座る車

コレが工夫されたモノなのです

Dscn0769

黒子がどのように準備していくのか

まずいす(車)に座って

Dscn0770

車をずれないように体に固定していく

Dscn0773

そして人形を体に装着?していきます。

頭の部分

胴体の部分

そして足は自分の足の親指との間に挟む

そのために足袋をはいておく

Dscn0776

人形の袖の下には・・・なんと言ったっけ・・・

腕を動かす仕組みのモノを握るんです。

Dscn0777

できあがり。

やしょめの方が

手先の動きがしなるようになっているのです。

笑ったりするときの

手のしなりをだすためだそうだ

Dscn0779

早速参加者が体験。

Dscn0782

子どもも体験した

なかなか上手だった

今までなかなか機会がなく

この伝統芸能を見ることができなかったが

きょうは素敵なひとときを過ごせました。

この伝統芸能を子どもたちに見せたいと

今小学校などで

紹介しています。

できるだけ多くの子どもたちに

見てほしいと思います。

« 社会保障制度改革   国民会議 | トップページ | 横田基地での米軍機訓練が頻回に・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/53261319

この記事へのトラックバック一覧です: 車人形:

« 社会保障制度改革   国民会議 | トップページ | 横田基地での米軍機訓練が頻回に・・・ »