« CV22オスプレイ配備、横田基地も有力候補という件  (その3) | トップページ | 安倍首相!聞いてください!みんなの声を! »

2013年8月 8日 (木)

その4  オスプレイ反対日本共産党国会議員団闘争本部会議

書くのやめようか・・・と思ったけれど

やはり

書いておこう、もう一つだけ。

 (2) オスプレイに関する確認について

     オスプレイの飛行実態や運用の確認を求めた事の回答

     いろいろと?のつく回答ばかりでした。

(例)

 夜間飛行に対して(違反行為が318件あるが)

   3件、22時以降に普天間飛行場へ着陸したことを確認していますが 

   夜間飛行訓練は運用上必要があるものの

   できるだけ22時以降は飛行しないように努力しているとの

   説明を米側から受けています。

市街地上空の飛行は

   当局で撮影した写真はありません

   従来から設定されている飛行ルートを

   使用した計器飛行による訓練だと

   説明を受けています。

   また田の地域に移動する場合

   できるだけ、施設・区域や住宅地が少ない場所を

   飛行するなどしていると

   米側から説明を受けています。

市街地上空での垂直離着陸モードでの飛行は

   垂直離着陸モードではなく

   転換モードであり、

   米側からも市街地上空での飛行は

   垂直離着陸モードではないと

   説明を受けています。

人口密集地を避けて

   日米間で合意したとおり

   できる限り人口密集地上空を

   避けて飛行していることが

   確認されています。     

さて、この内容は沖縄県では日米合意に

違反した行為が日常化しているから

しっかりと確認して

日米合意を守らせてほしいというのが意図ですが

政府の回答は

全く沖縄県民の声を聞かず

すべて

アメリカ側が言うように

そのまま確かめもせず

(確認しているというポーズはあるが・・・)

受け止めていると言うこと

これって何ですか?

防衛省の答弁を聞いていて

開いた口がふさがらないを

実感しました。

Dscf3045

日本政府は

何を考えているのだろう。

どこを見ているのだろう。

何を聞いているのだろう。

決して国民の苦難には耳も貸さず

目も見えず

口も閉ざして

米軍の言うがまま

この回答を沖縄県の方が聞いたら

もはや怒り心頭等という生やさしい状況ではないでしょう。

今回はこの4回の報告で

終わりにしますが

沖縄県民も

横田基地を抱える首都東京も

すべての米軍基地を抱える

すべての自治体と

つまり全国民的な

大運動を発展させなければなりません。

Dscf3185

国民の命と暮らしがかかっているのです。

民生安定のための施策の充実を

と言うより

もはや基地撤去しかない。

そういった思いが強くなった

政府のレクチャーでした。

« CV22オスプレイ配備、横田基地も有力候補という件  (その3) | トップページ | 安倍首相!聞いてください!みんなの声を! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/52800260

この記事へのトラックバック一覧です: その4  オスプレイ反対日本共産党国会議員団闘争本部会議:

« CV22オスプレイ配備、横田基地も有力候補という件  (その3) | トップページ | 安倍首相!聞いてください!みんなの声を! »