« 国会議員団オスプレイ配備反対闘争本部会議 その2 | トップページ | その4  オスプレイ反対日本共産党国会議員団闘争本部会議 »

2013年8月 7日 (水)

CV22オスプレイ配備、横田基地も有力候補という件  (その3)

国会議員団が防衛省と外務相に説明聴取

そのパート3です。

今回は

CV22の嘉手納・横田配備に関する米側発言について

米太平洋空軍のカーライル司令官の発言報道

  CV22の配備は横田基地も有力候補と日米両政府で

  協議をしている・・・横田基地は比較的政治的軋轢が少ない・・・

笠井議員が、この真偽は?

  「アメリカ側は、何ら決定していません。」

  「決定していないので、通告を受けていない・・・」?

日常的に様々な情報交換しているのでしょう?

  「それは当然、様々な情報交換はしますが・・・

   一切聞いているわけではない。 

  沖縄に負担が集中している。その負担軽減の話の流れで、

  横田も話題に上がって、そういった流れのなかでの

  会話かと・・・しかし決定していないので

  防衛のなかで様々協議はしているが

  逐一話せない」

笠井晃議員が

  決定したら通知なんでしょう

防衛省は

  「今は話せない。日米安保のこともある。抑止論もある

   住民に対する生活配慮を考えなければならない・・・」

吉田都議

  カーライル司令官の発言を確認したのか

防衛省

  照会はしていません

  通告を受けていない。決めた事実はない。

赤嶺議員

  沖縄と一緒だ

  そうやって横田も沖縄と同じようにやっていくのか

吉岡立川昭島地区委員会委員長

  カーライル司令官の発言は具体的だ

  5市1町はすぐ要請を起こした

  カーライル発言は日米両政府が協議中と報道している

  協議しているのか

防衛省 

  いろいろなやりとりはしているが答えられない

  そのやりとりにはCV22の配備もある

  しかし、通告は受けていない。決定していない。

  「・・・・・・」

こんなやりとりが・・・・・

CV22の配備先は  

2014年の初めまでに候補地決定と報道された

  つまり前々から協議していると言うこと

  CV22は特殊作戦部隊

  横田は昨年からパラシュート訓練も頻繁に

  行われている。

  パラシュート訓練は沖縄の伊江島でも行っている。

  つまり、横田も候補地としての確立が高いと予測できる。

Dscn0028

その後の懇談で

  横田基地が再編後変貌している

  米軍基地としての機能の強化が図られている

  沖縄の特殊部隊も横田で訓練している

  CV22の配備も現実味を持っている。

  政治的軋轢が少ない?なめられている

  まあ、沖縄と比べられない。

  確かに運動はデイ弱だ・・・

Dscn0017

横田基地問題

 CV22オスプレイ配備、

 空軍は検討しているととらえる

 今年中に検討していると言うことを念頭に置いて

 運動を作らなければ

 しかし

 首都東京の米軍横田基地という

 シンボル的な基地が

 機能強化されることは

 実は米軍の思うつぼでは?

 そして首都東京は

 このことの重大性に気づいていない!!

 首都東京に米軍基地があること事態

 おかしいのだ。

Dscn0024

今日も横田基地から飛行訓練が

頻繁に行われている。

Dscn0021

旋回ルートは様々です。

縦横無尽。

本気出して考えよう!

« 国会議員団オスプレイ配備反対闘争本部会議 その2 | トップページ | その4  オスプレイ反対日本共産党国会議員団闘争本部会議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/52785915

この記事へのトラックバック一覧です: CV22オスプレイ配備、横田基地も有力候補という件  (その3) :

« 国会議員団オスプレイ配備反対闘争本部会議 その2 | トップページ | その4  オスプレイ反対日本共産党国会議員団闘争本部会議 »