« 議会 | トップページ | 春を探して・・・ »

2013年3月10日 (日)

3.10東京集会

東日本大震災復興と原発ゼロの実現をめざす

3.10東京集会

晴れ渡る日比谷公園は

朝から人・人・人・

のぼり旗もはためいていました。

しかし暑い!なんと東京は本日夏日を記録したそうです。

Dscf1851

11時からの集会では

被災地から訴えがありました。

Dscf1852

思いは一つ

原発なくせ!再稼働反対!

Dscf1855

様々な団体が

様々な地域から

原発に反対して集まっています。

Dscf1857

やっとのおもいで

スピーチの場所へたどり着きました。

Dscf1859

次々とスピーチが続きました。

特に福島の高校生。朗読グループの訴えは

胸に迫りました。

恐怖の体験を必死で話し

普通の生活がどれだけ幸せなのかと・・・

そして

大人に言いたい

広島・長崎・そして福島と

日本は核の脅威にさらされた

二度と福島のような被害を出さないためにも

原発は廃炉にしてほしい

すぐには色にするにもお金がかかると

しかし

人間の命の方がよっぽど大切です

私たちは原発を望んで生まれてきたわけではない

この美しい日本が

子どもたちの将来にわたって

安全であるように・・・・

志位和夫委員長は昨日

原発建屋の視察に入ったそうだ

原発事故はまだ収束なんかしていない!

未だ高線量の中で

作業に従事する人々がいる

健康の保障は!

福島の人々の健康の保障を!

原発は即時ゼロを

安全神話を振りまいた政権が

責任をとるべき・・・強い連帯の挨拶だった。

茨城の新婦人、つくば支部の話もすごい

とにかく女性は元気だ?

子どものため?市民要求実現のため

とにかく黙ってはいない

行動する!

署名を集め県知事に要請

実現させたこともある。

Dscf1865

野音も人・人・人・

Dscf1868

ミサオ・レッドウルフさんのあいさつ

日比谷でも連帯の挨拶があった

Dscf1866

13時からの野音のステージでは

落合恵子さんもスピーチ

原発再稼働をした政権を選んだのは国民

今度こそ

参議院選挙では

原発ノーの政権を!

みんなの声を広げよう!

日本全国で多彩な集会が行われた。

東京集会では、集会後大行進が行われた。

明日は追悼の日です。

夜、NHKの9時からの番組は

本当に考えさせられた。やはり

安全対策などなかったに等しい

安全神話・・・累々と続き

安全性を高めたり

危機管理は行われていなかったと思われる内容

戦慄する思いで見入ってしまった。

安全神話に浸った慢心が

引き起こした

しかしやはり人類と核は共存できない

福島の高校生の朗読が胸をよぎりました。

« 議会 | トップページ | 春を探して・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/50695227

この記事へのトラックバック一覧です: 3.10東京集会:

« 議会 | トップページ | 春を探して・・・ »