« 厚生労働省への要請 | トップページ | ダブル選挙!! »

2012年11月13日 (火)

企業は人なり!!

Dscf0786

今日は我が市議会で

超党派による国会議員要請が行われた。

「国道16号の拡幅工事の早期実現を」と、

一通り会派をまわった。

国会は衆議院の予算審査

議員にもほとんど会えず・・・

共産党の笠井亮氏は

約束の時間に議会を抜け出し(トイレと・・?)

我らに会ってくださった。

いつもながらありがたいと思う。

せっかくみなさんでいらっしゃってくださるのだからと・・・

訪問をすべて終了してから

私と佐藤議員と予算審査傍聴を試みた・・・

ちょっと遅すぎて手続きで終わりそうと言われ

テレビ観戦

その後懇談会に参加した。

Dscf0789

「企業は人なり!」

ものすごく心に響く言葉だ

「企業は人なり」

いつから企業はこの言葉を忘れ去ったのだろう。

Dscf0792

田村参議院議員も駆けつけ

(うん?昨日もあってる・・・)

Dscf0795

志位委員長と、笠井亮氏

予算委員会を終わって駆けつけた。

本日は「ロックアウト解雇」や

「解雇強要」と戦っている労働者の問題を

野田首相に突きつけた。

無法な自由な解雇を野放しにして良いのか!と。

解雇自由の危機

政治が無策であってはいけないのだ

人間が働く・・・

これは社会の土台だと・・・

Dscf0797

山下参議院議員も司会を務めた。

今日の予算審査で突きつけたのは

不当解雇問題

そして傍聴に多くの当事者が愛知や

岐阜や静岡からも

駆けつけていた。(びっくり)

ソニーやシャープやIBM で

突然肩たたきをされたり

突然のロックアウト解雇

何回も何回も退職強要を受けた人

何年もまじめに働いて

突然突きつけられた解雇通告

病気になって休職した、健康回復し

職場に戻ろうとしたら

「あなたの働く場所はありません」

当事者の方が

生々しい現実を訴えた!

鳥肌が立つような

胸が痛み

涙が出そうになる・・・

「コミュニケーション能力が無い」等という解雇理由

解雇理由の妥当性がないのだ。

志位委員長は質問の中で

労働契約法も示し

第16条

「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き

社会通念上相当であると認められない場合は

その権利を乱用したものとして

無効とする。」

としているが

こういう法律も無視した

自由解雇はやめさせるべきだ。と迫った。

日本の技術力が落ちていく現状がある。

それはソニーも富士通も

日本の技術を切り捨てている。

日本で生産せず

海外進出で

日本の技術者は

日程管理者になっている

昔のエンジニアは

設計も行った。

今はそういうエンジニアが切り捨てられており

このままの状態が続けば

日本の技術力・ものつくりは廃れる

今の企業は、人を大切にしていない。

人を大切にしてから、産業が発展する

企業は雇用を守る力を持っている

働く人を守ってこそ

産業や経済が発展する

人間を大切にしなければ

産業が立ちゆかない

日本経済が立ちゆかない・・・

まさに

「企業は人なり」

JALで不当解雇をされた

客室乗務員や

パイロットの方も訴えた。

「政府の答弁は、会社の人事通告と全く同じだ」と訴える方も

不当解雇で提訴している方々もいる

それを野田首相も

「提訴されていることの結果を見守って・・」

などと答弁した。

それを聞いた当事者の方は

「裁判せざるを得ないから提訴した

悩んで悩んで、家族にも相談し

みんなに支えられて何とか提訴した

お金も時間もかかる

本当につらい

それをいとも簡単に

提訴の結果を見守って等と言われると

悔しくって仕方が無い。

提訴したくっても提訴できず

泣き寝入りしている人も

たくさんいるノダ!

政治が動いてくれなきゃどうするんだ!」

本当に

つらい心の声の訴えが

突き刺さるのに・・・

ノダはどう思うのかと

何回か突きつけた志位委員長

「個別の事案には・・・」とか

「一般論では・・・」とか

全く誠実みのない答弁が続き

それでも

野田はどう思うのかと突きつけられ

「あってはならないことだと認識する」という言質を

取った。

この言葉のやりとりに

多くの労働者が

勇気づけられた。

まじめに働く労働者が報われる社会に!

不当解雇にあったパイロットの方が

すごく元気に?

国際法を持ち出し訴えた

「ILOの勧告を日本は受けたが

日本政府は動いていない、

政府は竹島の問題などで

国際法に照らしてというが、

ILOの勧告はどう受け止めるのか?

日本の裁判では負けているが

国際法では勝っている。」と・・・

すごい!すばらしいことをおっしゃる!

裁判の判例が

かえって逆手に取られ

企業の解雇通告に拍車をかけている事例も示された。

日本の司法は何を守ってくれるのだろう?

「企業は人なり」

今日の国会要請の後半は

とても考えさせられた。

« 厚生労働省への要請 | トップページ | ダブル選挙!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/47833468

この記事へのトラックバック一覧です: 企業は人なり!!:

« 厚生労働省への要請 | トップページ | ダブル選挙!! »