« バッハなひととき・・・ | トップページ | 街頭演説 »

2012年10月 1日 (月)

台風一過の、晴れ渡った空にオスプレイが・・・

昨日の台風が

嘘のように今日は晴れ渡っていた。

夜中から何回も夜空を眺めた

風が吹いていても,月が出ていた

そして晴れ渡り月も、そして星もキラキラと瞬き

すばらしい秋の夜空だった・・・

もちろん台風のあと

そして一夜明けた今日

富士山もくっきりと見える青空、澄み渡った青空

木々の小枝が散乱していたが・・・

市役所前の街路樹のカリンが

たくさん落ちていたっけ

晴れ渡った日本上空

岩国から朝も早くからオスプレイが沖縄をめがけた。

とうとう6機

沖縄に配備されてしまった。

残りのうち1機は修理が必要で部品の調達が遅れているらしい

飛ぶ前から修理が必要なのだ・・・

沖縄への配備をテレビニュースで見て

胸が押しつぶされそうだった。

「沖縄の負担を軽くするために?本土での訓練が必要」?

そんな言葉がニュースキャスターから漏れた、うん?

何か間違っていないか?

沖縄の負担軽減のため訓練を沖縄に集中しないよう

日本本土の理解が必要?

何とも悲しい報道がされていた。そういう問題か?

沖縄に配備されたら

もう本土でもどこの基地でも自由にオスプレイは

飛行する。

そして低空飛行訓練・・・

住宅密集地では行わないなんて

そんな取り決めハナから守られていない

オスプレイの安全性を確認したって

防衛大臣は答えているが

単純にアメリカの言うことを追認しているに過ぎない。

もし

事故や不時着陸、また環境への影響が生じた場合

だれがどのように責任を持つのか

アメリカが持つはずもない。

日本だって政府が持ってくれるとは考えられない

だから

配備させちゃ困るのは国民なのです。

国民の命・安全の確保

何が一番かって飛ばなきゃ危険を回避できる。

飛ばなきゃいい。

こんな時間でも(夜10時を過ぎている)横田への飛行機は飛んでいる。

沖縄配備に反対する人々と

警備の警察官とのもみ合いの結果とうとう

けが人まで出た、さらに反対する人々を

排除しようと・・・そういう圧力も見えた。

« バッハなひととき・・・ | トップページ | 街頭演説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/47278426

この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過の、晴れ渡った空にオスプレイが・・・:

« バッハなひととき・・・ | トップページ | 街頭演説 »