« 平和の祈り・・川崎市平和館 | トップページ | 夕涼み会? »

2012年8月 3日 (金)

登戸研究所

あまり名前を知られていない

登戸研究所

実は開設2年目という

まだ知られざる秘密基地?

いや

秘密軍事基地であったところだ

現在の明治大学生田キャンパス内・・・

「明治大学平和教育登戸研究所資料館」

正式には

第9陸軍技術研究所・・・

戦後67年の今日

ずっと閉ざされていた口を開いて

今語り部が

歴史を語り継ごうと

そして

未来の平和のために

隠された秘密の扉が開いた

ここでたくさんんの人が働いたが

箝口令がきつく

たとえ家族でも

夫婦でも親子でも絶対に話してはならないと

みんな

守ってきた

戦争に負けると

証拠隠滅を図り

口もしっかりと閉ざされた。

しかし

今、扉が開かれ

衝撃的な説明をうけた。

秘密戦・・・

それは

裏側で,水面下で防諜、諜報、諜略、情報戦・・・の工作

電磁兵器の研究

毒物・薬物・生物化学兵器の研究

偽札の増設

風船爆弾の研究・・・・

そういったことが

ここで行われ

実験され

動物実験から

731部隊の実践へと

人体実験へと・・・・

その実験に携わった人の証言も

説明の方が読み上げてくださる・・・・

実に背筋が凍りそうな

証言・・・

生々しい記録だ。

731部隊の記録を読んだ事がある。

本当とは思えないような狂気の沙汰・・・

戦争とは

人間の神経を麻痺させていく

Dscf9390

これは弾薬庫だったという

キャンパス内の一部にこのようなところがある

昨年までは

木造の研究棟があったという

さすがに老朽化し

昨年解体されたそうだ。

Dscf9391

まだ新しい

Dscf9394

消火栓

星の印があるが

これが陸軍の印だという

ここに消火栓があった

今は水源もないが名残としてひっそりと残されている。

Dscf9395

ヒマラヤスギは

あのときも

そして今もしっかりと

たたずんでいる。

あのときよりずっと大きくなって・・・

この杉はあの忌まわしい

戦争の時も

ここにたたずんでいた・・・

Dscf9397

大きな石碑

これは実験に使った動物たちの慰霊碑

当時の研究者が

今で言うノーベル賞なみの技術を

認められ(兵器の研究だが・・・)

1000万円程度の報奨金を得

そのうちの300万円をかけて

実験に使う動物の慰霊碑を建てたという。

当時のお金だ。

Dscf9401

また一角に

神社がある。

キャンパス内だが・・・

生田神社

前は

弥心神社

敗戦と同時に廃社

(神様を追い出したと聞いた・・)

その後

天照大神などを祭っているとか・・・

もう少しじっくりと見学したい。

開館日は水曜日から土曜日

10時から午後4時

入場料無料

説明を受けて見学することが

おすすめだ。

« 平和の祈り・・川崎市平和館 | トップページ | 夕涼み会? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/46569876

この記事へのトラックバック一覧です: 登戸研究所:

« 平和の祈り・・川崎市平和館 | トップページ | 夕涼み会? »