« 明日は終戦の日 | トップページ | 猛暑!残暑! »

2012年8月15日 (水)

終戦の慰霊の日・・・

まだ、ちまたでは?

夏休み?

世の中夏休み?

我が町の市議会は

明日から

閉会中の委員会が開催されます。

なんかこう

追い立てられます。

今日は8月15日

終戦を迎えた慰霊の日です。

徹底抗戦か

陸軍の弱体化が進んでいても

止められない戦争・・・

本土決戦か

降伏か

国家の危機を

どのように知り

どのように対応するか・・・

トップの判断が迫られるが・・・

ソビエト参戦は

ずっと以前から

情報としてあったという

新たな終戦のシナリオの歴史が

ひもとかれている。

終戦か,降伏か・・・

一つの言葉を表出するためにも

思惑が走る・・・

毎年この時期になると

NHKは

様々な戦争の特集を報道している。

そこから我々は

何を学ぶのか

「歴史に学び日本を変える」

そういった

新たなたたかいを決意できなかったのか

「先々にわたる展望を示す

先見性を発揮する。」

このことは我々日本共産党の役割の一つ

でもある。

「当面のことだけでなく

先々に渡る展望を、

科学の立場に立って見定め

国民の前に示す役割・・・」

このことが実践されていれば

日本はこんなにリスクを負わず

終戦を迎えることができたはずだ。

う~~む!?

今も昔もこういった考え方と

実践が

まさしく国のトップの果たす

役割であったのではないか・・・・

戦争は

何ももたらさない。

苦難と、殺傷、死、

貧困と、飢え、破壊、

おろかな選択だった。

こういった史実に基づく検証

そこから学んでいく謙虚さが

これからの世界平和を構築するだろう。 

« 明日は終戦の日 | トップページ | 猛暑!残暑! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/46703687

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の慰霊の日・・・:

« 明日は終戦の日 | トップページ | 猛暑!残暑! »