« 宣伝!? | トップページ | 多摩川の水質 »

2012年8月 9日 (木)

6.9署名

6.9署名行動

今日は8月9日

67年前の今日、11時2分、長崎に

原子爆弾が投下された。

8月6日には広島に

それぞれ慰霊の日を迎え

慰霊祭と平和への祈りが

厳粛に行われた。

それぞれの市長が

平和宣言を世界に発信する

この日を忘れず

核兵器全面禁止の実現に向けて

国際署名に取り組んでいる。

毎月6のつく日か

9のつく日に

8月だけは6日と9日の両日に行う。

あ~

今日は写真を撮っていない!!

いや、突然振られて

ずっとマイクを握る羽目に・・・

市役所の玄関ホールでも

平和展を行っている。

Dscf9463

昭島市も

非核宣言を採択している。

Dscf9464

67年も経過すると

語り継ぐことが困難となっていく

忘れてはならない

人類と核は共存できないという事実を

Dscf9465

市役所を訪れる方は

目にすることができるが・・・

昭島市には平和資料館などがない

常設できると良いのだが・・・・

Dscf9462

多くの方に見ていただきたい

また

体験を一言も話すことなく

亡くなっていく方もいると聞く

「思い出したくない・・・」

「思い出すのがあまりにも苦しい・・・」

67年経過してもなお

心の奥深く傷ついているのだ。

2009年プラハでの

オバマ大統領の演説

そこで

核保有国の大統領として

核兵器廃絶への道を作る必要性をのべた

オバマ大統領の生きているうちは無理かもしれないがと・・・

昨年国連のNPT再検討会議で

国連の事務総長、潘基文氏は

自分の生きているうちに

核兵器廃絶を実現させていきたい・・・と

力強い挨拶を行われた。

その国連に

国際署名を届けるために

毎月署名活動を行っている

昨年は9万筆届けられたのだ。

一人一人の力は小さくても

やはり

数の力は

世論を動かし

国を動かし

国連をも動かす原動力となると

私は信じて行動を続ける。

首相官邸前抗議行動が

全国各地に拡散し

多くの国民が

原発再稼働反対の一点で

共闘している。

ネットでの呼びかけに

多数の普通の人々が

自分自身の選択で

自身の意思で

とくに組織はされていないが

声を出している。

明日の夜、つまり金曜日夜6時は

首相官邸前抗議集会だ。

6.9署名も続けるが

原発をゼロへの運動も

継続していかなければならない。

原発の技術開発によって

安全性を高めることができるかという

討論があった。

専門家はノンと・・・

原発も核兵器も

人類と共存できないことが

証明されている。

原発を維持することは抑止力になるのか

ノン

核保有国と同じ

安全性が確保されていないため脅威となっている

そう

その技術開発によっても被爆者が出ているのだ。

« 宣伝!? | トップページ | 多摩川の水質 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/46639881

この記事へのトラックバック一覧です: 6.9署名:

« 宣伝!? | トップページ | 多摩川の水質 »