« 通学路に横断旗 | トップページ | 多摩川上流水再生センター見学 »

2012年7月24日 (火)

防衛要請

市として、

議会として

防衛要請、毎年の恒例事業

今日のような日

そう

オスプレイが岩国基地に

配備された昨日・・・

騒然としたこの日に

まさしく防衛要請

横田基地に隣接している

我が昭島市。

飛行の真下となる

昨今、

飛行ルートはまちまち

飛行時間帯もまちまち

突然轟音が鳴り響く

そして

昨今

横田基地の航空機の運用訓練が

様々に行われている。

また

本日から27日まで

人員の降下訓練が

横田基地滑走路上で

行われるという・・・・

1月に行われた人員降下訓練

町の人々の意表を突く様相であった

本日は

議会の基地対策特別委員会と

市との共同で

防衛省と

関東防衛局へ

要請に行った。

それぞれ要請に対して

返答もただいたが

法律上、条件上、等々の理由で

ご理解をいただきたい、

つまり

これ以上は無理だよと

やんわりと釘を刺されたり

検討していくとか

米軍に要請するとか

前向きな表明もあった・・・

飛行直下の町として

騒音問題は深刻

以前と比して減少しているとはいえ

早朝も、夜間ひどい場合は11時を過ぎても

騒音が響く。

また

まことしやかに

流言が飛び交う

「オスプレイは

横田基地にも配備される!」と

まさに

きちんとした情報提供が必要だ。

生活実態をよく見て,聞いて

対応してほしい。

なにせ

騒音被害を線引きすることは

難しい。

なぜ、ここで線引き?

と思うところがいっぱい。

防衛予算を取ることばかりではなく

飛ばなけりゃいいように思うが・・・

飛ばなきゃ

民生安定も、騒音被害も減少する。

軍民共用なんて

とんでもない話だ!

それを推進しようとする

国会議員もいるという。

これ以上の騒音はごめんです。

« 通学路に横断旗 | トップページ | 多摩川上流水再生センター見学 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

何が言いたいのか良く解らない。
国家の防衛を騒音問題で終わらせて良いのだろうか?

国家の防衛がおろそかになり、国家が防衛できなくなるよりは
騒音よりも国民の生命財産の安全を守る方が大事だと言う事も
理解できないのだろうか?

オスプレイの安全がさまざまな点から、疑問に思う。
しかし、其れと騒音が在るから国家の防衛をないがしろにして良いとは思わない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/46448824

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛要請:

« 通学路に横断旗 | トップページ | 多摩川上流水再生センター見学 »