« 環境教育 | トップページ | シュタイナーさん宅のエネルギー政策? »

2012年5月11日 (金)

エネルギー輸出村訪問!

5月2日はハードスケジュール

朝早くから、夜は気がついたら10時半!?

一日中環境政策?

午前中はエコステーションだったが

その後

BUNDの創設者の一人でもあり

イノベーション・アカデミーの人であり

エコメデア研究所の設立者の一人である

エアハルト・シュルツ氏の

案内でフライアムト村などをまわった。

今年の3月11日の日本でのイベントで

演説している!

その写真をいただいた

裏には?

笠井亮氏の演説の写真!?

ドイツで

このようなのをいただき

私は感謝とビックリと恐縮と・・・

この日

また違ったメンバーが二人同行し

ラインボルト宅と

シュタイナー宅の農家を訪問するときは

フランスの学生がバスで訪れ(20名程度?)

一緒に農家訪問となった。

Dscf8015

ウイーンの大学に進みたいと言う人も(日本人)

若者は意識が高い!

シュルツさんのバイタリティには驚くばかり

Dscf8016

フランスの学生

最近はフランスからの見学者も多いという

Dscf8017

まずライボルトさん宅

80ヘクタールの農場

以前(10年前)

BSEの問題が浮上したとき

酪農の今後を考えたと

(かなり落ち込んだらしい)

そして

バイオガスに取り組んだという

36ヘクタールのトウモロコシ畑は

牛のためではなく

バイオガスのため

トウモロコシを切って

サイロにいれる(ほかの草もある)Dscf8019

そして

10リットルのサイロの草と

10リットルの牛の糞を

嫌気発酵させる

Dscf8022

90日間でメタンガスを発生

モーターを回し

タンクに集める。

Dscf8026

この足下の窓から

メタンガスが発生して

ぷくぷくしているのが見え

この板金のようなところは

暖かくなっている。

そしてエネルギーとして売る

Dscf8030

これは

最後に余ったもの

肥料として使われる。

さらに

ソーラーパネル5万㎾の電力も売る

Dscf8032

ガスの集積されているところ

Dscf8035

機械類のメンテナンスも自己負担という

熱は効率的に使い

すべて使う、余熱利用

その熱で温水を作り

小学校にも配送

さらに

14世帯にも温水を配送しているとか

Dscf8029

この釜(?)の中に

サイロの草と

牛糞が同等に入れられ

発酵させる。

この農家では息子さんが

未来のためにと投資をしたそうだ

未来のため

投資をして

再生可能なエネルギーを作り

そして売る

Dscf8043

見学者から質問が出ると

即通訳してくれる

Dscf8045

これは土のしたの配水管

つまりパイプ

温水を送り

冷えた水がかえってくる、そのために

二つのパイプが

大きなパイプに巻かれた状態だ

Dscf8047

みんなも

再生可能なエネルギー政策に驚きが・・・

Dscf8054

農家の方と記念写真

家の中まで入らせていただいた(トイレ借用)

すてきななたたずまいでした。

シュルツさんと・

もう一人(前田さんだったっけ?)

あれえ

私のカメラには写っていない!!(私が)

Dscf8052

ラインボルトさん宅をあとに

次は

シュナイダーさん宅訪問

こちらも大きな農家です。

大きな農場がある

草地がある

牧場もある。

続きはまた。

« 環境教育 | トップページ | シュタイナーさん宅のエネルギー政策? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/45225898

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー輸出村訪問!:

« 環境教育 | トップページ | シュタイナーさん宅のエネルギー政策? »