« 生ゴミ処理・バイオガス工場 | トップページ | ヴォーバン地区・・・ »

2012年5月23日 (水)

低エネルギー・省エネルギーな待ち作り・ヴォーバン地区

ヴォーバン地区

歴史的な変遷も見ながら

(聞きながら?)歩いた。

そう娘に話を聞き、そういえば

予習してこいと言われて送られた本があったっけ

その本はヴォーバンの事を

街作りのプロセス等詳細に書いてある。

そこに紹介されている

「フライブルクのまちつくり」

「ソーシャル・エコロジー住宅地ヴォーバン」

著者は村上敦氏

日本人です。

半日街を歩き

本に書いてあることを検証?

Dscf8291

ヴォーバン地区を歩く。

終戦後緑の維持と保護のためには

60年ものの街路樹を一本も切り倒さない、

と言うコンセプト。

大きな木陰が生きています。

Dscf8293

雨水の通路です。

雨水地下浸透のための窪地

雨水浸透ますは住宅地内に1キロメートルを

超える延長で設置されているのだ。

この窪地の地下は、砂利を釜網に入れた雨水

一時保持施設が埋設され

ここにためられた雨水は

時間をかけて地下に浸透していく

年間を通じて

住宅地に降った雨の7割以上は

住宅地内に地下浸透させる設計とか・・

Dscf8295

路面電車軌道も

緑化されている。

Dscf8296

街路樹と路面電車の軌道の緑化によって

緑あふれている。

Dscf8300

自然あふれる公園が

至る所に・・

Dscf8304

子供冒険農場だ

自然教育の場所

牧草地・果樹園など8000㎡を借り入れた。   

すべてボランティアによる運営Dscf8313

Dscf8312

冒険小屋

子供たちが作っている。

この日は

あるグループが貸しきりで使用中

しかし

中に入れてもらったのだ。

Dscf8309

野菜やハーブなども植えてある。

Dscf8315

馬の世話もしていた

そういえば

昔はフランス軍が乗馬用の厩舎として

利用していた土地という。

様々な自然教育プログラムが

年中用意されているという。

もちろん小動物も多くいる。

Dscf8317

住宅地は豊かな緑

Dscf8319

ヴォーバンは街作りをするときに

車優先ではなく

自分の土地に駐車場は作らせない

そういったコンセプトを採用している。

カーポートフリーなのだ

その代わり

街の外れに

大型の駐車場がある。

先ほどの緑

それは

もし万が一これから駐車場が

必要となった場合に備えて

駐車場予定地として確保されているのだ

いまは

豊かな緑に覆われ

緑のオブジェのようになっている。

草地とビオトープ・・

Dscf8318

車に依存しない街作り

そして

公共交通機関を利用しやすくしてある。

Dscf8322

駐車場予定地

しかし

駐車場としては使うことはないだろうと・・

路面電車・バス・自転車交通・・

Dscf8352

そして、カーシェアリング

通りに

カーシェアリング共用車が

止まっている。

Dscf8350

FRはフライブルクの略

Dscf8351

住宅地には車所有しないことを決めた人々は

カーシェアリングに登録し

車を利用する権利を有しているのだ。

住宅地には駐車場はないが

カーシェアリングの駐車スペースは

本来の駐車場より

住宅地に近い場所となっている・・

あ・・

ヴォーバン地区は語り尽くせない・・・・

続きで・・

エネルギーになかなかたどり着かない。

« 生ゴミ処理・バイオガス工場 | トップページ | ヴォーバン地区・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/45383983

この記事へのトラックバック一覧です: 低エネルギー・省エネルギーな待ち作り・ヴォーバン地区:

« 生ゴミ処理・バイオガス工場 | トップページ | ヴォーバン地区・・・ »