« 桜の季節はあっという間 | トップページ | 春・・・春・・・春 »

2012年4月11日 (水)

武器輸出三原則の緩和で・・・」

武器の共同開発に

いよいよ乗り出そうとしている。

「日米同盟を基軸にしつつ

イギリスなど友好国との

安保協力を着実に拡充することが肝要」と

読みうり新聞の社説の記事だ

野田首相はキャメロン英首相と会談し

日英両国が

防衛装備品を共同開発・生産

することで合意したという。

なんだかおかしいと思うのは私だけ?

ずっと読んでいくと

防衛予算が減少し

戦車や戦闘機関連の会社が

撤退したり

倒産したという

防衛産業を維持する・・・

・・・・・

武器の国際共同開発は

多くの利点を持つ・・・?

参加国の同盟、友好関係を強化する?

武器が?

武器が?

武器が友好関係を強化する?

野田首相は総理大臣だ

一番憲法を遵守すべき存在だ

そう

憲法は国を治める人が

守るべきもの

首相は憲法を守らなければならない。

戦力の不保持、これが憲法9条だ。

« 桜の季節はあっという間 | トップページ | 春・・・春・・・春 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/44845920

この記事へのトラックバック一覧です: 武器輸出三原則の緩和で・・・」:

« 桜の季節はあっという間 | トップページ | 春・・・春・・・春 »