« 春・・・春・・・春 | トップページ | 自治会の総会 »

2012年4月13日 (金)

ミサイル失敗

この数日間

有事?と思わせるような

日本の対応があった。

また

今日の午前中はばたばたな

政府の対応がめだった。

北米航空宇宙防衛司令部と米北方軍司令部は

12日夜北朝鮮のテポンド2の発射を

確認したと生命を発表

日本政府は防衛省の中央指揮所で

午前7時40分

米国の早期警戒衛星による

発射情報を確認

しかし

首相官邸は

午前8時9分に

北朝鮮が人工衛星と称するミサイルを発射したとの

一部報道があるが、我が国としては

発射を確認していません。と発表。

その後

8時42分に情報を修正

瞬時警報システムは働かず?

いや実施されなかったと言うが・・・?

何ともお寒い結末である。

1分余の飛行に費やした8億ドル・・・

なんとも・・・

それにしても

日本の情報収集力が問われる。

発射に備えて

地方自治体への発射情報を

いかに速やかに行うのか

課題ばかりが露呈している。

国際交流は外交努力で

今こそ問われるのではないだろうか。

« 春・・・春・・・春 | トップページ | 自治会の総会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

民主朝鮮による「人工衛星」発射が失敗に終わり、安堵していいのか、米軍に依存する情報伝達、日本政府のどたばたぶりに呆れるばかり、朝鮮に対する非難決議は日本共産党を含む全会一致で可決されましたが、これが米帝の世界戦略に結果として手を貸す危険性を十分認識したうえで、そして賛成票に込められた思いの中身が自・民・公・社民とは異なりことを主張しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/44871623

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイル失敗:

« 春・・・春・・・春 | トップページ | 自治会の総会 »