« めまぐるしい気候変動 | トップページ | 介護保険条例の一部改正決まる!! »

2012年3月28日 (水)

自衛隊の航空総体が米軍と・・・

府中にあった自衛隊の航空総体司令部が

横田基地へ

移駐を終えた。

「日米統合拠点運用開始」

3月26日から始まった。

領空侵犯や弾道ミサイルに対処する

航空自衛隊の中枢

首都東京にある横田基地

Dscf7362

アメリカの基地に自衛隊が移駐

そして

日本とアメリカが一体となって

「共同統合運用調整所」の新設なのだ

一体化の加速

日米の幹部が

米国の

早期警戒衛星や空自の地上配備型レーダー

空中警戒管制機などの情報を

共有・協議すると言います。

Dscf7363

同じ階には

ミサイル迎撃などの

指示をする空自の指揮所がある

地下通路で米空軍の指揮所とも

行き来できるという

ミサイル防衛一体化・・・

日本は

いつからこうなったのか

日本は憲法9条を忘れたのか?

Dscf7361

日本はまだ

アメリカから独立していない?

アメリカは

日本にたくさんアメリカの基地を持っている

政府は米軍は日本を守ってくれると言っている

しかし

日本の防衛ではなく中東への基地として

活用しているのではないか

3月27日

ヘリコプターが

何回も何回も旋回しながら

ホバリングしては

旋回し南から徐々に北へと

旋回の輪を伸ばしていった

何をしているのか?

ちょっと不明

早速自衛隊機の試運転?

3月26日から29日まで

横田基地内では

OREが行われている

運用即応演習

まあ基地の機能テスト

大音響の出る特殊スピーカーの使用や

地上爆発機器装置を使って

爆発物を破裂させ

爆発音を発生させるとか

航空機の運用はないとの事だが

このところ

航空機の飛行回数が増えていないだろうか?

何ともやり切れない思いです。

« めまぐるしい気候変動 | トップページ | 介護保険条例の一部改正決まる!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

国内にしかその効力を持たない憲法9条がどのようにして戦争を未然に防ぐ事が出来るのか、明確にお答え願います。


仮に自衛隊や米軍が日本に存在していない場合、侵攻してきた相手にどのように対処出来るかを明確に示して下さい。


無論、話し合いが通じない相手ですがどのようにして侵攻してきた相手に対処するか、殴られた時に人間はどのように対処するかを踏まえて論理的かつ現実的なお答えを願います。


勿論、質問に答えないのは無しにして下さい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/44670053

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の航空総体が米軍と・・・:

« めまぐるしい気候変動 | トップページ | 介護保険条例の一部改正決まる!! »