« 公害問題 | トップページ | 障害者フォーラム&クロスロード!? »

2012年3月23日 (金)

卒業式そして門出

今日は

昭島市内の小学校の卒業式が

行われました。

それぞれの学校で趣向を凝らし

重厚で

格式高く

そして

こどもたちの心に響く

すばらしい卒業式

私は

地元の田中小学校に行きました。

いつも元気いっぱいのこどもたち

卒業生の顔は

晴れやかに輝いていました。

Dscf7104 

梅が満開でした。

いつもすばらしいと思うのは

子どもたちの歌声です。

本当に伸びやかに

透き通る声で

歌声が響く2部の式典

そういえば

中学校では

卒業生起立!と言うかけ声

来賓祝辞などで

必ず声がかけられる

田中小学校は

来賓祝辞というと

子どもたちは号令をかけられなくても

起立する

それでいいと思う

中学校になると規律が厳しくなるのだろう

しかし

中学校の卒業式では

子どもたちがとても泣いていた

小学校では

晴れ晴れと

きらきらとしており

担任の先生が

うるうるしていたっけ・・・

中学校の校長先生が

「4月待っているよ」

「楽しみにしているよ」

と話された

そういえば中学校で欠席者が数人いたが

聞くと

集団生活になじまない子どもたち

式典後

校長室で

保護者と全職員とで

卒業証書授与式を行ったと言われた。

一人一人のこどもが

大切にされ

一人一人が

その場で感謝の意を表し

先生方もひとりひとりが

子どもたちに

声をかけたという

本当に胸が温かくなった

先生ありがとう!

教師っていいな

そういえば

私も専門学校で

卒業生を送るときは感無量だったっけ・・・

4月田中小学校に

障害のある児童が入学してくる

また

在校生で

進行性の病気で

がんばって登校している児童がいる

校長先生から話を聞いた

インクルーシブ

インクルージョン

何年前だったか

そういえば

たとえば

ニューヨーク

障害があっても学ぶ権利がある

たとえ人工呼吸器をつけていても

普通に学校に行きたい

そのために州ではそのこのために

看護師を派遣するという

愛媛大学だったかちと忘れたが

障害があって

車いす生活

排泄や

ノートの記述など

学校生活すべてに

介助が必要な学生に対して

有償ボランティアをつけた

学生が

そのボランティアを買って出ているという

話をもう何年前だったか

調べたことがある。

教育の場は

バリアフリーではない

誰もが学ぶ権利を有する

その権利を保障する手立てが必要だ

考えて行かなければ

それも

早急に。

« 公害問題 | トップページ | 障害者フォーラム&クロスロード!? »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/44607258

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式そして門出:

« 公害問題 | トップページ | 障害者フォーラム&クロスロード!? »