« 夜間パトロール | トップページ | 夫のボランティア »

2012年3月17日 (土)

走行サーベイによる空間放射線量測定

3月14日~16日

昭島市では

走行サーベイによる

放射線量測定が行われた。

走行サーベイとは

乗用車に

空間放射線路湯測定機器

(シンチレーションサーベイメーター)を

搭載して

道路を走行させることにより

数十メートル間隔での

詳細な空間放射線量分布を

測定するシステム

(KURAMA2システム)

このKURAMA2システムのモニタリング装置を

車両に搭載して

道路上1メートル高さの

空間放射線量を

連続的に測定し

文科省管理の

サーバへ無線で

情報を送信し、

蓄積する。

サーバーに蓄積された測定データは

異常値などを抽出・補正し

文科省で集計するという。

文科省がこの測定をする自治体を募集

手を上げた21自治体だったか・・・

11台の機器をグループに分けて

貸し出した。

手を上げて様子を見たら

貸し出しが決まりすぐに実施せよと

大忙しの現場

機器を借りに行き

即実行

市内くまなく

国道、都道、市道

幼稚園や保育園小中学校のあるところは

すべて通るように

実質二日間で

市内全域の空間放射線量の分布を

測定した。

結果はそのうちに

文科省から

公表されるという。

と同時に

市ホームページや広報で

市民に公表するという。

これは昨日の厚生委員会で

報告された。

定期的な放射線量測定は

行われているが

これが公表されると

もっと

安心できるといいが・・・・

« 夜間パトロール | トップページ | 夫のボランティア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/44530388

この記事へのトラックバック一覧です: 走行サーベイによる空間放射線量測定:

« 夜間パトロール | トップページ | 夫のボランティア »