« 親子ふれあいスポーツデー | トップページ | 国道16号暫定四車線切り替え »

2012年2月26日 (日)

地下駐輪場

我が町では

昭島市西の玄関として

拝島駅を駅前広場の整備

都道整備

そして

地下駐輪場の整備計画の

住民説明会を開催

Dscf7133

拝島第3小学校の体育館

近隣住民が集まった

聞くところによると

街作り住民協議会が

何回も議論を尽くしてきたそうだ

賛成派&反対派の

やりとりが様々聞こえた

16億円に膨らんだ

この計画の予算

ほとんどが国からと東京都からの

補助金が使われる

77.5%が補助金だ。

市としては

「市民生活に負担にならないように

しっかりとやっていく・・・20年~40年先に渡って

償還していく

市民サービスは削ることはない

地元の要求に応えていく」

と答えた。

しかし

国にしても東京都にしても

使われるお金は税金だ。

ある市民が

今更だけど

反対意見を訴えた。

賛成派の市民からも声が上がった

大震災を受け

今必要な予算は何か

優先度を考え

いつ発生するともわからない首都直下型の

地震もありうる

防災関係の予算を充分取って欲しい

そういう声もあがった。

交通の結節点としての拝島駅

今後の人口動態の予測は

どうなんだろう?

国道16号の整備であっても

将来的には

交通量の減少さえ

試算されている。

市は

これまでに街作りを

丁寧に説明してきたと話した。

住民の総意はどうなのだろう。

拝島駅が

将来にわたって

発展することを

願わないわけではない。

しかし

時代の要求

経済的背景

優先度

市民の命の尊重

安全性の確保

様々な視点からの検証は必要だ。

商店街の発展につながれば良いが

中神駅前商店街や

東中神駅商店街

朝日町商店街

八清商店街

どこを見ても

シャッター街が目につく。

また駅前広場

どうも緑が少ないように思われる。

ぶらぶら歩き

これができる街作り

コンセプトは良い

ぶらぶら歩くためには

木陰も必要だろう。

中神駅北口

ずっと木陰がない

新しい道路と駅前広場が完成したあと

なんだか

殺風景さを感じるのは

私だけだろうか?

« 親子ふれあいスポーツデー | トップページ | 国道16号暫定四車線切り替え »

地域コミュニティ・自治会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/44274632

この記事へのトラックバック一覧です: 地下駐輪場:

« 親子ふれあいスポーツデー | トップページ | 国道16号暫定四車線切り替え »