« 都交渉! | トップページ | 手作り料理 »

2011年12月22日 (木)

総選挙間近??

民主党はいつ衆議院が

解散してもいいように

精力的に動き始めている。

本腰を入れ始めた

政党助成金をばんばん使って

テレビにポスターに宣伝を

じゃんじゃか始めている。

なんだか変だ。

我が日本共産党は

企業団体献金も

政党助成金も一切いただいていない

国民の血税を

自分の政党の宣伝費に使うことが

圧倒的に多い政党助成金380億円。

被災地支援に回したらどうか

我が党は

いつも貧乏です。

党員みんなでお金を出し

カンパを募り

新聞を売り

本を売って

資金を調達している。

いつもお金の心配がつきない。

それだからこそ

働く尊さも

なんと言ってもお金の尊さを知っている。

よって無駄な使い方は一切行わない(行えない?)

衆議院選挙

比例代表と小選挙区で

議席を確保する戦いの火ぶたが切られている。

第4回中央委員会総会の決定で

すべての選挙区で候補者を立て

議席獲得や議席増への

取り組みを始める。

このニュースが流れたとき

我が家では論争が起きた。

共産党を支持しない我が夫

すぐに

そんなこと言って議席が取れないだろう

議席が取れるような選挙をしなければ

全く無駄なことをしようとしている的な発言。

言い争いになったが

あまり反論できないひ弱な私

我が党は

議席獲得と議席増の戦いを余儀なくされる

国民の

苦難軽減のためその先頭に立つ

共産党

なかなかイメージが好転しない状況もある

いまなお・・・

歴史的な迫害の道

反共的な圧力

様々な攻撃に

真っ正面から正義を貫いてきた党です。

戦前から一貫して名前も変えず(変える必要はない)

綱領を守り

市民目線で

命を守る戦いをしてきた党

私はまだまだひよっこ

何も知らないひよっこだけど

その精神は

看護師を選んだときから

命を守る戦いに挑んでいた。

違和感なく入党し

同志がなぜ隠すのかと不審に思いながら

政党の看板を背負った。

Dscf6175

なぜか前に座っている私

突然ピンチヒッターとして

司会者席に座った

演説をしているのは

立川市長選挙でおなじみの顔

彼は38歳(37歳?)

国政には2回もチャレンジしている

いよいよ

今度は絶対に議席を取るぞと

なみなみ成らない決意をしている。

他党候補者は何しろ

有力者、テレビなどで顔を売っている。

しかし

民主党に愛想を尽かした国民が

人気投票のように

また民主党を選ぶだろうか?

Dscf6176

彼も2児の父親

父親の役割果たしているだろうか?否

きっと寝顔しか見ていないのではないだろうか。

今は党の先頭に立ち

国政に乗り出す決意で

新たな確信を持ち演説を磨いている。

Dscf6177

演説は大変だ。

人のハートをつかみ

話に引き込む力

情勢をわかりやすく説明する力

共感を呼ぶ力

納得を生む力

人にさらに広げ伝える力

あまり流ちょうでも聞き流してしまう

とつとつでも

しっかりと胸にしみこむ場合もある

強弱、話題の転換すべて技術だ

人の演説を聴き

自らの学びとしている。

いよいよ選挙間近な空気がある。

« 都交渉! | トップページ | 手作り料理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/43473553

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙間近??:

« 都交渉! | トップページ | 手作り料理 »