« 受益者負担という楯 | トップページ | 仕事納めと・・・ »

2011年12月27日 (火)

憲法違反の民主党

武器・・・

輸出三原則・・・

とうとう野田首相は

武器の輸出を原則として禁じる

「武器輸出三原則」の緩和を

正式に決め、

官房長官談話として発表した

1967年

時の佐藤栄作首相が

1)共産国諸国

2)国連決議で禁止された国

3)国際紛争の当事国や恐れのある国への

武器輸出を認めないという方針を表明

1976年

三木内閣はこの三原則の地域以外の国へも

武器輸出を慎むとし

原則輸出禁止となった。

1983年

中曽根内閣がアメリカに限り武器技術の供与を

認めて以来「例外」を作って

緩和してきた経過がある。

野田首相は

新たな例外トスウル基準を設けた

平和・人道目的や

国際共同開発・生産への参加であれば

輸出を容認するというものだ

おかしくないか?

憲法9条

国の責任者たる者が

一番憲法を守らなければならない

憲法は国民を守るため

権力にある者が遵守するべきもの

その国家権力を笠に

憲法違反を行うというのだ

武器輸出が

どうして平和とつながるの?

武器輸出がどうして人道目的?

三原則は維持した上で

平和貢献?国際協力に伴う案件?

どうして

武器が平和に貢献するの?

自衛隊の装備品の調達コストを下げ

国内の防衛産業の生産基盤を保つのが狙いと

報道されている。

次期戦闘機のF35

共同開発に加われず

割高になっているからと・・・

どうしても

どう考えてもおかしい

国際紛争を解決する手段としても

永久に武力による威嚇または

武力の行使は永久に放棄しているはず

これが

憲法9条だ。

戦争の放棄だけではなく

戦力の不保持もしっかりと明記してあるではないか

また

マスコミも

躊躇なく

応援歌を歌っている。

おかしい

おかしいと思うのは私だけ?

おかしい。

ここでも国際競争力を高めるって言うの?

おかしい!!pout

« 受益者負担という楯 | トップページ | 仕事納めと・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/43534189

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法違反の民主党:

« 受益者負担という楯 | トップページ | 仕事納めと・・・ »