« 東京都知事選挙 | トップページ | 桜吹雪の中で »

2011年4月11日 (月)

いよいよ一斉地方選挙

統一選挙の前半戦が終わりました。

民主党の敗退、現職の強み、そして

地域によっては、この大震災を経験し

原発問題を正面から取り組んでくれる党

その党に1票を入れたと。

大震災を考慮し選挙も自粛と言われているが

それでは、有権者には候補者の顔がわからないだけでなく

何をしてくれる候補者なのか、

選ぶ側の権利が奪われることにならないか。

その結果、単に知名度だけで選ぶこともあり得る。

候補者の訴えをしっかりと聞く事は

選挙を行う上でまず大切なことではないだろうか。

選挙は、しっかりと候補者の訴えを聞くことから

始まるのではないだろうか。

候補者も、立候補の意思や公約を有権者に

聞いてもらいたいはず。

それを自粛と言って奪うのは民主主義ではない。

皆さんは、どう思われますか?

« 東京都知事選挙 | トップページ | 桜吹雪の中で »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469085/39575249

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ一斉地方選挙:

« 東京都知事選挙 | トップページ | 桜吹雪の中で »